過去の記事一覧

  • 金融政策と財政政策

    金融政策と財政政策 ー 失われた20年の正体(その7)

    こんにちは、島倉原です。 失われた20年の原因を巡る諸説の妥当性について、何回かに分けて分析してきましたが、今回以降は残った「(7)金融緩和不足説」「(8)財政出動不足説」を対比しながら検討してみたいと思います((8)…
  • フィリピン台風

    フィリピン台風で明らかとなった国土強靭化の重要性

    昨年11月に発生した台風30号がフィリピンに甚大な被害をもたらしました。
  • 寂しい雰囲気のベンチ

    異化効果の照らすもの

    1.ふたつの異化 文学上での効果として、異化という手法がある。それは、日常的に慣れ親しんでいるものを、例えば宇宙人の目から見た人間を描写するときのように、対象を奇妙なもの、滑稽なもの、非日常的なものに変容さてしまう手法…
  • 和室

    ミュンヒハウゼンのトリレンマに関する若干の考察

    確実な知識?  何かを話すということは、実はいろいろと大変なことだと思います。  好き勝手に話してばかりいると、他の人から信用できないやつだと思われてしまいます。他人からの信用を失うと、学業や仕事など、日々の生活をし…
  • 鰈の煮付け

    食品偽装を防ぐために

    食品偽装への対策 昨年末、阪急阪神ホテルズをはじめ多くの企業で、メニューの記載と異なる食材を使っていたことが発覚した。近年多発している食品偽装を受けて第三者委員会の設置等が提案されているが、企業への監視を強めるこ…
  • 鳥居

    長谷川三千子『神やぶれたまはず』ともう一つの解答

    はじめに  長谷川三千子さんの『神やぶれたまはず 昭和二十年八月十五日正午』は、素晴らしい作品だと思います。この本を参考にして、大東亜戦争の敗戦と戦後体制について少し考えてみようと思います。 大東亜戦争の敗戦の瞬…
  • 駅伝

    グローバル“競走”が全てではない — 箱根駅伝を通じて「国力」の意味を考える

    ブログサイトを眺めていたら「駅伝を五輪種目にできないでしょうか」という記事が目にとまりました。
  • 小屋

    アベノミクスで所得が増えない理由とは

    去年一年間、安倍首相はアベノミクスという経済政策を掲げ、一定レベルの成果を収めたかのようにも見えます。株価は上昇し、デフレの状況を示す各指標も随分と改善しました。 しかし、デフレから脱却出来たわけではなく、中小企業…
  • 靖国神社

    「国家の輪郭」としての靖国神社 — 首相の靖国参拝に求められる「論理」について

     安倍首相が、就任1周年を迎えるタイミングで靖国神社に参拝していたことが明らかになりました。政権発足から1年が経ったから参拝するというのは意味がよく分かりませんし、首相談話に言われるような「不戦の誓い」が靖国神社という場…
  • 手水舎

    安倍首相の靖国参拝に反対する理由

    12月26日、安倍首相が靖国神社に参拝を行いました。国内外では賛否両論様々な意見が述べられています。 国内外の賛否両論の声 国内外で挙がっている賛否両論の声をまとめてみました。 駐日アメリカ大使館の声明 …
  • 桜餅

    2013年によく読まれた記事15個

    2013年にASREADに投稿された記事でよく読まれた記事を累計アクセス順に15個掲載致しました。どの記事も面白いものばかりなので、よろしければ御覧くださいませ。
  • 清流と紅葉

    私は映画「DEVILMAN」に助け舟を出します

    2004年に、永井豪原作の漫画「デビルマン」は東映配給、那須博之監督で映画化されました。当時私が読んでいた洋泉社「映画秘宝」なる雑誌では、「俺達のデビルマンになんてことしてくれたんだ!!」「那須には天罰が下る!!」など激…
  • 靖国神社

    安倍首相の靖国神社参拝について

    12月26日安倍首相が靖国神社に参拝しました。  安倍首相は26日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。  首相在任中の参拝は、第1次内閣を含めて初めてで、現職首相としては2006年8月15日の小泉首相…
  • 日本橋

    グローバル金融危機の発生メカニズム

    インターネット動画「チャンネルAjer」の収録を行いました。今回は「グローバル金融危機の発生メカニズム」というタイトルで、全体で約55分のプレゼンテーションになっています。 動画:グローバル金融危機の発生メカニズム…
  • 絵馬

    「命が一番大事」という価値観は人間をニヒリストにする

    「いくら祖国のためとはいいながら、死ぬのは嫌だ、それがホンネというものだ」と言い張る人間が多い。実際に私は、あるテレビ・キャスターからそのような言葉をあびせかけられたことがある。 (『国民の道徳』西部邁) 現代人…
  • 東京

    バランスシート不況説の問題点 ー 失われた20年の正体(その6)

    こんにちは、島倉原です。 今回は、失われた20年の原因を巡る諸説のうち、(5)バランスシート不況説、を取り上げたいと思います。 また、全く別のルーツではありますが、同説と共通点を持ち、時には同じような文脈で用いられる…
  • 和室

    ものに潜む陰

    日本は今20年以上続くデフレ状態にありそれによる低賃金に、特に若者世代が喘いでいるなかでダイソーやユニクロの商品で生活している人々が多いと見ていますが、あるとき疲れて家に帰り照明をつけ、照らされる自分の部屋を見渡して安っ…
  • 大阪駅前

    「ニート株式会社」の形態及び、理念に対する批判

    知り合いの古谷経衡さんがBLOGOSで『「ニート株式会社」の気持ち悪さ』という記事を書いていて面白かったので、私なりの「ニート株式会社」の問題点を解説してみたいと思います。  先日、日本全国のニートからなる…
  • 六本木ヒルズ

    金銭崇拝教

    先日の『お金や異性以上の価値とは何か?』の記事の中で、 また、別の自己啓発の話を持ち出すと、脳機能学者を自称する苫米地英人氏は、『宗教の秘密』という本で面白い問題提起をしています。いわく、「現代社会というも…
  • 日本家屋

    ネット時代における大衆社会批判

    かつて、19世紀に生まれたスペインの哲学者であるオルテガは、主著である『大衆の反逆』において、当時のヨーロッパ社会の最も重要な特徴として、「大衆が社会的勢力の中枢に躍り出た」ことであるとし、このような現象を非常に深刻な危…
  1. 酒鬼薔薇世代

    2014-6-20

    【激論!酒鬼薔薇世代】私たちはキレる世代だったのか。

    過日、浅草浅間神社会議室に於いてASREAD執筆者の30代前半の方を集め、座談会の席を設けました。今…

おすすめ記事

  1. 第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  2.  お正月早々みなさまをお騒がせしてまことに申し訳ありません。しかし昨年12月28日、日韓外相間で交わ…
  3. ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
【特別寄稿 西部邁 】言葉は過去からやってくる | ASREAD
ページ上部へ戻る