思想遊戯(1)- 桜の章(Ⅰ) 桜の森の満開の下

第五項

智樹「『桜の森の満開の下』は、不思議な話ですよね。」
 僕は、桜の木を見ている彼女に話しかけた。
一葉「はい。不思議な話ですね。」
 彼女は、桜の木を見ながら応えてくれた。
智樹「桜の花の下へ行くと、人は気が変になるんでしたよね? 不思議ですよね。お花見して酔っぱらうとかいうわけでもないのに。」
一葉「桜の花には、不思議な力があるのでしょう。花の咲かない頃は問題ないのですが、花の季節になると、旅人は桜の花の下で気が変になると記述されていましたね。」
 そう言って、彼女は静かに僕を見た。彼女の視線に曝されると、僕の気は変になる・・・・・・、そんなことを漠然と考えていた。
智樹「桜の下に人の姿がなければ、怖ろしいといったような記述もありました。」
一葉「はい。『桜の森の満開の下』には、桜の不思議な力の秘密は明示的に示されてはいません。唯一示されている仮説として、桜の秘密とは孤独ではないだろうかと語られています。」
智樹「そうでしたっけ?」
一葉「はい。桜の下に人がいないと怖ろしいといっても、自分という人間はそこに居て、その自分が怖ろしいと感じられるわけです。つまり他人の不在が自分の心に孤独を発生させて、恐ろしさを感じさせるのです。もちろん、他人がいないところでは、常に孤独や恐ろしさがわき起こる可能性があります。ただ桜の下では、そういった感情を高める効果があるということなのでしょう。」
 彼女は僕に問いかけた。
智樹「そうかもしれません。なぜ、桜にはそのような効果があるのでしょうか?」
一葉「私には分かりません。ですから、単なる私の想像を言うしかないのですが、桜が不思議だからではないでしょうか?」
智樹「桜が不思議とは?」
一葉「はい。だって、考えてみてください。一年のうちの春の季節だけ、一週間程度の期間だけ、あんなに美しい花を咲かせ、おびただしい数の花びらを散らすのです。木が突然に綺麗なピンク色の、桜色の花びらをあんなにも咲かせて散らすのです。これを不思議と言わずして、何を不思議だといったらよいのでしょうか?」
 僕は、呆然とした。まったくその通りだと思ったからだ。ああ、なんて当たり前のことを今になって気づくんだ。僕はなんて愚かなのだろうか・・・。
智樹「そうですね・・・。いや、ホントに、その通りですね。もちろん化学的には色素がどうのこうのと言えるでしょうし、生物学的にも何かそれなりのことは言えるんでしょうが、それらは、この不思議さをまったく説明していないですよね。」
一葉「はい。そうですね。というよりも、それらの科学的な説明では、不思議さの説明、つまり何故かという疑問の根本的なところには、論理的に到達できないのです。」
 彼女の言うことについて、僕は何となく分かった気がした。特に肝心な部分については、想いは一緒だと感じた。
智樹「そうですね。桜の不思議さ、桜色の花を咲かせて散らせるという不思議。その不思議さが、人間の感情を揺らすのでしょうね。」
一葉「はい。みんなでお花見といった雰囲気では、桜の花はお酒の肴としてちょうど良いのかもしれません。ですが、森で人知れず咲いている桜の花については、確かに一人でそこを通るとなると、不気味に感じられるのでしょうね。」
 僕は、その場面を想像してみた。確かに、それは不気味なことだと思った。あるいは、それは孤独という感情であったかもしれない。
智樹「そうですね。ところで、上条さんは、桜はお好きですか?」
一葉「好きです。」
 そう言って、彼女は静かに微笑んだ。
智樹「僕も大好きです。」
 僕も彼女に微笑んだ。僕はバカみたいに嬉しくなってしまった。


※次稿「思想遊戯(2)- 桜の章(Ⅱ) 日本神話」はコチラ
※本連載の一覧はコチラをご覧ください。

ページ:
1 2 3 4 5 6 7 8

9

西部邁

木下元文

木下元文

投稿者プロフィール

1981年生。会社員。
立命館大学 情報システム学専攻(修士課程)卒業。
日本思想とか哲学とか好きです。ジャンルを問わず論じていきます。
ウェブサイト「日本式論(http://nihonshiki.sakura.ne.jp/)」を運営中です。

【ASREAD連載シリーズ】
思想遊戯
近代を超克する
聖魔書
漫画思想
ナショナリズム論

Facebook(https://www.facebook.com/profile.php?id=100007624512363)
Twitter(https://twitter.com/moto_nihonshiki)

ご連絡は↓まで。
nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 3096

    2016-3-14

    やくざ国家・中共に日本はどう対峙すべきか(その1)

     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…

おすすめ記事

  1. 1162
     現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  2. 01
    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  3. 1902
    ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  4. 2325n
    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  5. 1719
    ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る