『夢幻典』[拾式] 連環論

12

「夢幻典」特集ページ

 連環理が示された。
 ここに示された。
 しかし、これを鵜呑みにしてはならない。

 究極の典拠は存在しない。
 原理的に存在しない。
 根拠の根拠は、底が抜けている。

 だからこそ、根拠の根拠の前段階、つまり、ある根拠を選ぶしかない。
 不十分なままで。
 不完全なままで。
 そのとき、常に別の可能性を考えておくべきだろう。
 なぜなら、これは理を巡る言説であるが故に。

 何ものも至上なものとしてはならない。
 なぜなら、よく分からないのだから。

 一なる神は、何者ぞ。
 識らず。
 言えず。
 存在するとも識らず、存在しないとも識らず。
 生とも言えず、死とも言えず。

 その飛躍は許されない。
 赦されるとも、許されない。
 連環理が示されている。
 今があり、前があり、後がある。
 連環が巡り、循環する。

 楔を打ち込むことは恣意的。
 知り得ないことを語ることはない。

 だから、この世界はそのまま終わる。
 よく分からなかったということで終わる。
 それは、おそらく確信に近く語られる結末の予感。

 有の思想と無の思想、そして、空の思想。
 世界そのものの根本である太極は、世界における無極でもあることが示された。
 そして、それらが異なることで、言葉が可能となることも。

 有我は無我であり、無我は有我である。
 有我は無我ではなく、無我は有我ではない。
 この空において、世界が、この世界として開かれている。

 だから、無が別様に示されるだろう。
 ここに無の意味が、言葉によって示されることによって、変わる。
 有心と無心。
 有心は無心ではなく、無心は有心ではない。
 それゆえ、有心は無心であり、無心は有心である。

 ここにおいて、言葉による自己の抹消が成され得る。
 ゆえに、その抹消が、さらに深く抹消される。
 その深い抹消も、二方向へと延びるだろう。
 忘却と、沈黙と。

 忘却は、忘却するが故の沈黙。
 忘却のための忘却、それは、忘却による言葉。
 沈黙は、沈黙することによる言葉。
 沈黙のための沈黙、それは、沈黙による言葉。

 言葉から離れているものを、言葉によって語る歪(いびつ)。
 言葉から離れていることを、言葉によって示す歪(ひずみ)。

 すべては移り変わる。
 諸行無常。
 ゆえに、遊べ、遊べ、遊べ。

 時の歌を奏でる。
 すべては時であると語り得るだろう。
 そして、語り得ぬところで、すべてはこの時であることを奏でる。

 我と汝が時を奏でる。
 我の時と、汝の時が、一つだと思われる。
 その飛躍をもって、我々が生きて、死ぬことの意味が生まれる。

 すべては巡り廻る。
 時の歌が奏でられる。
 今に収束する。
 今が収束する。
 連環理が示される。

 その陥穽も仄めかされている。
 その続きを紡ごう。
 世界を続けよう。
 それは、きっと、物語を紡ぐということ。
 これは、きっと、世界の終わりのさらに先の物語。

→ 次ページ「解説」を読む

ページ:

1

2

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1773

    2015-4-24

    近代を超克する(1)「近代の超克」の問題意識を受け継ぐ

     思想というものを考えていく上で、現代においては西欧からの影響を無視することはほとんど不可能…

おすすめ記事

  1. 1559
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  2. 1560
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  3. 2325n
    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  4. 1902
    ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  5. 2903
     お正月早々みなさまをお騒がせしてまことに申し訳ありません。しかし昨年12月28日、日韓外相間で交わ…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る