seimasho
  • 神概念について ―ある越権行為のまえがき―

    2221
     神という概念は、宗教において最も重要なキーワードの一つです。神という概念を持たない宗教においても、それが神という概念を持たないという観点から、他の宗教との興味深い比較が可能になります。 「神」を調査すれば…
  • 『聖魔書』[1-1] 創造記

    2304n
      一なる神が存在する。  一なる神が在る。  一なる神が在った。一なる神が在るだろう。  故に、  一なる神が続いていた。  一なる神が続いている。  一なる神が続くだろう。  一なる…
  • 『聖魔書』[1-2] 開闢記

    2305
     三つの位がある。  三位とは、自・今・神である。  自と今と神は、一つの体である。  これを、真・三位一体という。  真なる三位一体、すなわち、開闢である。  現実の世界が、不完全な世界である理由がこ…
  • 『聖魔書』[1-3] 形成記

    2468n
     第一の奇跡。  一なる神は、創造である。  一なる神は、世界を遡ることを許されなかった。  一なる神は、世界を遡ることを赦された。  許されざることと赦されたことは、一なる世界における創造である。  その…
  • 『聖魔書』[1-4] 原罪記

    2470n
     一なる神は神秘を授ける。  神秘を感じたものが人間となった。  人間は一なる神に祈る。  一なる神は、最初にして最後の人間の前に降り立つ。  一なる神は、言われた。 「光あれ。」  すると光があ…
  • 『聖魔書』[1-5] 律法記

    2656
     一なる神の十の奇蹟から、十の律法が導かれる。  第一の律法。  一なる神は、基点である。  第二の律法。  いかなる偶像も、原理的に一なる神には辿り着けない。  第三の律法。  一なる神の名…
  • 『聖魔書』[2-1] 試練書

    2674
     ある時代のある場所に、ブヨという名の人間がいた。  ブヨは、周りの人々から厚い信頼を寄せられていた。  ブヨは、世の中についてよく考え込むことがあった。  ブヨは、懸命に仕事に打ち込み、多大な財産を築いていた…
  • 『聖魔書』[2-2] 福音書

    2725
     真実の福音は一つである。  福音がいくつもあるはずがない。  この福音こそ真実である。  すなわち、真なる福音である。  それゆえ、これは福音書と呼ばれる。  別名、神の子の物語とも呼ばれる。  これは…
  • 『聖魔書』[2-3] 叛逆書

    09
     ある時代のある場所に、神の子が降臨した。  人の子は、神の子と出会う。  人の子と神の子の戦いが、始まる。  人の子は語った。 「僕は、一なる神を讃える呪いを作り出した者の子です。」  神の子は言…
  • 『聖魔書』[3-1] 黙示録

    2892
     これは、復活した神の子が残した黙示。  神の子が、今はまだ耐えられぬとして語らなかった遺産。  ここに預言が成就する。  黙示録。  幸いなるかな。  この予言を唱える者とこれを聞く者が近づく。  時が…
  • 『聖魔書』[3-2] 終焉録

    2894
     始まりは終わりの始まり。  滅びるための道徳。  世界の終わりについて語ろう。  終わりが始まった。  何が出来るのだろう。  終わりが終わる、その時までに。  世界の創造と開闢  世界の創造…
  • 『聖魔書』[3-3] 神話録

    2897
     一なる神への信仰は、一なる神の神話を生む。  一なる神は、一なる我の否定において。  一なる我は、一なる神の否定において。  我の否定において、神の肯定が成される。  神の否定において、我の肯定が為…

木下元文プロフィール

1981年生。会社員。立命館大学 情報システム学専攻(修士課程)卒業。
日本思想とか哲学とか好きです。ジャンルを問わず論じていきます。
ウェブサイト「日本式論(http://nihonshiki.sakura.ne.jp/)」を運営中です。

【ASREAD連載シリーズ】
日本式正道論
思想遊戯
近代を超克する
聖魔書
漫画思想
ナショナリズム論
その他の記事一覧はコチラ

Facebook(https://www.facebook.com/profile.php?id=100007624512363)
Twitter(https://twitter.com/moto_nihonshiki)

ご連絡は↓まで。
nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp

ASREADメルマガもご購読ください!

ASREADでは、メルマガを発行しております。
あなたの知的欲求を刺激する質の高い情報を発信していきます。
無料ですので、ぜひご購読ください。

ASREADメルマガ購読

※ご購読は無料で、配信解除もいつでもできます。
※メルマガには広告も含まれます。ご了承ください。

ソーシャルメディアでも最新情報を発信しています!

ページ上部へ戻る