『聖魔書』[3-1] 黙示録

解説

 今回は、『新約聖書』の「ヨハネの黙示録」に該当する箇所です。
 実際の『聖書』において、「ヨハネの黙示録」の解釈は論者によって多様です。預言書の一種ですが、かなり荒唐無稽に感じられます。この内容が、歴史的に多くの人々によって読まれてきたということは、何とも不思議な感じがします。
 「ヨハネの黙示録」では、それが神の子の黙示であることが語られているわけですから、「福音書」との継続性が問題になります。「福音書」と「黙示録」をどう関連付けるかが問われるわけです。ちなみに、ここでの『聖魔書』における「黙示録」の十の封印は、「形成記」の十の奇跡と、「律法記」の十の律法と数的に重なっています。


※次稿「『聖魔書』[3-2] 終焉録」はコチラ
※本連載の一覧はコチラをご覧ください。

固定ページ:
1 2 3

4

西部邁

木下元文

木下元文

投稿者プロフィール

1981年生。会社員。
立命館大学 情報システム学専攻(修士課程)卒業。
日本思想とか哲学とか好きです。ジャンルを問わず論じていきます。
ウェブサイト「日本式論(http://nihonshiki.sakura.ne.jp/)」を運営中です。

【ASREAD連載シリーズ】
思想遊戯
近代を超克する
聖魔書
漫画思想
ナショナリズム論

Facebook(https://www.facebook.com/profile.php?id=100007624512363)
Twitter(https://twitter.com/moto_nihonshiki)

ご連絡は↓まで。
nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2016-3-10

    「マッドマックス」は単純なフェミニズム礼賛映画ではない

    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…

おすすめ記事

  1. 多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  2.  経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  3. はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  4. ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  5. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

ページ上部へ戻る