『聖魔書』[3-1] 黙示録

解説

 今回は、『新約聖書』の「ヨハネの黙示録」に該当する箇所です。
 実際の『聖書』において、「ヨハネの黙示録」の解釈は論者によって多様です。預言書の一種ですが、かなり荒唐無稽に感じられます。この内容が、歴史的に多くの人々によって読まれてきたということは、何とも不思議な感じがします。
 「ヨハネの黙示録」では、それが神の子の黙示であることが語られているわけですから、「福音書」との継続性が問題になります。「福音書」と「黙示録」をどう関連付けるかが問われるわけです。ちなみに、ここでの『聖魔書』における「黙示録」の十の封印は、「形成記」の十の奇跡と、「律法記」の十の律法と数的に重なっています。


※次稿「『聖魔書』[3-2] 終焉録」はコチラ
※本連載の一覧はコチラをご覧ください。

1 2 3

4

西部邁

木下元文

木下元文

投稿者プロフィール

1981年生。会社員。
立命館大学 情報システム学専攻(修士課程)卒業。
日本思想とか哲学とか好きです。ジャンルを問わず論じていきます。
ウェブサイト「日本式論(http://nihonshiki.sakura.ne.jp/)」を運営中です。

【ASREAD連載シリーズ】
思想遊戯
近代を超克する
聖魔書
漫画思想
ナショナリズム論

Facebook(https://www.facebook.com/profile.php?id=100007624512363)
Twitter(https://twitter.com/moto_nihonshiki)

ご連絡は↓まで。
nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2014-12-24

    『永遠のゼロ』を私はこう見る

     当サイトに、藤井聡氏のエッセイ「永遠にゼロ?」(2014年9月9日 三橋経済新聞掲載)に対する木下…

おすすめ記事

  1.  現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  2. 「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  3. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  4. はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  5. ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る