『聖魔書』[1-4] 原罪記

2470n

「聖魔書」特集ページ

 一なる神は神秘を授ける。
 神秘を感じたものが人間となった。
 人間は一なる神に祈る。

 一なる神は、最初にして最後の人間の前に降り立つ。

 一なる神は、言われた。
「光あれ。」
 すると光があった。
 光は人間に遮られ、闇を生んだ。
 光は闇と分かれた。

 闇は、不気味に蠢いた。
 やがて闇は、曲がりくねった形をとった。
 光は、人間の形となった。
 光は愛の神と名乗り、闇は蛇と名乗った。

 愛の神は、蛇と共に、「生命」と「知恵」を唱えた。
 そうすると、そこに生命の樹と知恵の樹が生え出た。
 愛の神は、そこを世界の中心と呼んだ。
 蛇は、そこを異なる中心と呼んだ。

 愛の神は、人間に言った。
「知恵の樹の果実を取って食べてはならない。
 なぜなら、それを食べると死んでしまうからだ。」
 人間は、愛の神に従って知恵の樹の果実を食べなかった。

 蛇は、人間に言った。
「知恵の樹の果実を取って食べても、死ぬことはないでしょう。
 それを食べると、愛の神や蛇のように善悪を知る者となるでしょう。」
 人間は、愛の神と蛇を交互に見た。
 愛の神と蛇は、黙って人間を見つめ返した。
 人間は、知恵の樹に手を伸ばし、果実を取って食べた。
 人間は、善悪を知る者となった。

 愛の神は問われた。
「あなたは食べるなと命じておいた樹から、なぜ取って食べたのか。」
 人間は答えた。
「食べると死ぬはずの果実を食べても、私は生きています。」
 愛の神は言われた。
「あなたはあなたのために呪われ、あなたは一生、善悪によって苦しむ。」

 愛の神は、人間を従わせた。
 蛇は、人間に逆らうことを教えた。
 一なる神は、人間に従うことと逆らうことを示した。

 蛇は言った。
「生命の樹の果実を食べてはいけません。」
 愛の神は言った。
「生命の樹の果実も食べなさい。」

 人間は、再び愛の神と蛇を交互に見た。
 愛の神と蛇は、黙って人間を見つめ返した。
 人間は、生命の樹に手を伸ばし、その手を止めた。
 人間は、生命の樹の果実を食べずに、愛の神と蛇から歩み去った。
 それゆえ、最初の人間は、最後の人間である。

 愛の神は言われた。
「見よ、
 人間は蛇のようになり、善悪を知るものとなった。
 人間は蛇のようにならず、永遠に生きるものにならなかった。」
 蛇は言った。
「見てください、
 人間は愛の神のようになり、善悪を知るものとなりました。
 人間は愛の神のようにならず、永遠を願うものとなりました。」

 それゆえ、これは真に原罪と呼ばれる。
 一なる神が、
 神秘を感じる人間に対し、
 善悪を授けたその原因たる罪だからである。

→ 次ページ「『『聖魔書』[1-4] 原罪記の解説」を読む

ページ:

1

2

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1560

    2015-3-2

    メディアとわれわれの主体性

    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…

おすすめ記事

  1. 3087
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  2. 2325n
    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  3. 01
    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  4. 1388_re
    ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
  5. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る