『聖魔書』[2-2] 福音書

「聖魔書」特集ページ

 真実の福音は一つである。
 福音がいくつもあるはずがない。
 この福音こそ真実である。
 すなわち、真なる福音である。
 それゆえ、これは福音書と呼ばれる。
 別名、神の子の物語とも呼ばれる。
 これは、神の子についての福音の物語である。

 神の子について。

 ある時代のある場所に、一人の乙女がいた。
 その乙女は、処女であるのに懐妊したと言った。
 乙女には恋人も夫もいなかったため、皆はそれを信じた。
 乙女は処女にして懐妊したため、そこに神の意志があると言った。
 乙女は一人の子を産んだ。

 その子は成長し、十五のとき自らを神の子と名乗った。
 神の子の言葉を信じる者が集まった。

 神の子は言った。
「神の子は、神の子である。
 それゆえ、洗礼は必要でない。
 それゆえ、洗礼者を必要としない。
 神の子は、血によらず、肉によらず、人によらず、一なる神によって生まれる。
 神の子を信じる者は裁かれず、
 神の子を信じぬ者は裁かれる。
 神の子の教えに従え。
 神の子の教えを愛せ。
 神の子を愛せ。」

 神の子は言った。
「神の子の教えは一つである。
 二つの教えを兼ねることはできない。
 ‘愛’は一つだからである。」

 神の子が瞑想していると、悪魔がやってきて神の子を誘惑した。
 悪魔 「あなたが神の子であるなら、石をパンにして下さい。」
 神の子「石は石、パンはパンである。神の子は、奇跡に頼った布教はしない。」
 悪魔 「あなたが神の子であるなら、崖から飛び降りてみて下さい。」
 神の子「飛び降りれば私は死ぬだろう。その試みは、神に対する試みにならない。」
 悪魔 「あなたが悪魔を拝むなら、すべての栄華を与えましょう。」
 神の子は、悪魔を拝んだ。
 神の子「さあ、すべての栄華を授けよ。」
 悪魔は逃げ去った。

→ 次ページを読む

ページ:

1

2 3 4 5

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2014-12-24

    『永遠のゼロ』を私はこう見る

     当サイトに、藤井聡氏のエッセイ「永遠にゼロ?」(2014年9月9日 三橋経済新聞掲載)に対する木下…

おすすめ記事

  1. 第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  2.  現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  3.  お正月早々みなさまをお騒がせしてまことに申し訳ありません。しかし昨年12月28日、日韓外相間で交わ…
  4. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  5. 「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る