『聖魔書』[1-5] 律法記

「聖魔書」特集ページ

 一なる神の十の奇蹟から、十の律法が導かれる。

 第一の律法。
 一なる神は、基点である。

 第二の律法。
 いかなる偶像も、原理的に一なる神には辿り着けない。

 第三の律法。
 一なる神の名をいくら唱えても、それは語りつくされてはいない。

 第四の律法。
 記憶による今の差別化から、時間が生まれる。

 第五の律法。
 対称において、非対称性が与えられている。

 第六の律法。
 世界の複数化から、他者が生まれる。

 第七の律法。
 空間把握能力により、共通環境が築かれる。

 第八の律法。
 生命の認識および解釈において、境界線が引かれる。

 第九の律法。
 祈りは深淵を超克する。

 第十の律法。
 一なる神を信じることは信仰ではなく、信じないことは信仰である。

→ 次ページ「『聖魔書』[1-5] 律法記の解説」を読む

ページ:

1

2

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-11-27

    テロとグローバリズムと金融資本主義(その1)

     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

おすすめ記事

  1.  経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  2. 第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  3. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  4. 「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  5. 多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る