『聖魔書』[3-1] 黙示録

 第一の封印が解かれる。
 第二の封印が解かれる。
 第三の封印が解かれる。
 第四の封印が解かれる。
 第五の封印が解かれる。
 第六の封印が解かれる。
 第七の封印が解かれる。
 第八の封印が解かれる。
 第九の封印が解かれる。
 第十の封印が解かれる。

 多くの人々が死に絶えるであろう。
 神の子の印を持たぬ者たちに、拷問が加えられる。
 その者たちは、
 死を求めても与えられず、
 死にたいと願っても死は逃げて行く。

 もう時がない。
 預言の通り、神の子の奥義は成就される。
 賛美歌が響き渡る。

 さあ、神の子の印を持つ者たちを量ろう。
 死者の埋葬ももはや必要ない。
 永遠の支配が完成する。

 神の子が、大いなる‘愛’をもって現われる。
 処女が子を宿し、神の子が再臨する。

 もう一つの可能性が現われる。
 龍が降臨する。
 龍は、かつて蛇と呼ばれていた。
 龍は、生命の樹の果実を手にしなかった人間たちに、
 別の可能性において生命を授ける。

 神の子の裁きの時が来た。
 死はもはや死ではない。
 すでに神の子の御言は成就した。

 救いは神の子の教えであり、
 神の子の教えは救いである。
 その裁きは真実である。

 神の子が宣告し、
 真実の言葉において、
 預言が成就する。

 龍は、もう一つの光となって解放される。
 神の子の印を得た者が復活する。
 復活する者は幸いである。
 彼等は聖なる者である。
 聖なる者にとって、死はもはや死ではない。

 光となった龍は、闇から解放される。
 そして、出て行き、人間に死を授ける。

→ 次ページを読む

ページ:
1

2

3 4

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 3096

    2016-3-14

    やくざ国家・中共に日本はどう対峙すべきか(その1)

     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…

おすすめ記事

  1. 2903
     お正月早々みなさまをお騒がせしてまことに申し訳ありません。しかし昨年12月28日、日韓外相間で交わ…
  2. 01
    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  3. 1560
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  4. 1719
    ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
  5. 3087
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る