『夢幻典』[陸式] 縁起論

解説

 ここの縁起論では、仏教における世界観がかなり強く反映されています。
 仏教には、四聖諦という考えがあります。まず、世界は苦しみに満ちているという真理(苦諦)が示されます。次に、苦しみには原因があり、それは煩悩であるという真理(集諦)が続きます。そこで、苦しみの原因を滅した境地が涅槃の真理(滅諦)として示されます。最後に、苦しみを滅するための道が八正道であり、それは中道であるという真理(道諦)が示されます。
 八正道とは、正見(正しい見解)・正思惟(正しい思惟)・正語(正しい言葉)・正業(正しい行い)・正命(正しい生活)・正精進(正しい努力)・正念(正しい思念)・正定(正しい精神統一)から成っています。
 岩波文庫の『ブッダの真理のことば 感興のことば』の『ダンマパダ』から、参考になる箇所を引用してみましょう。

 さとれる者(=仏)と真理のことわり(=法)と聖者の集い(=僧)とに帰依する人は、正しい智慧をもって、四つの尊い真理を見る。――すなわち(1)苦しみと、(2)苦しみの成り立ちと、(3)苦しみの超克と、(4)苦しみの終滅におもむく八つの尊い道(八聖道)とを(見る)。

 苦しみをどうするかということは、非常に大きな問題です。その問題に対し、曲がりなりにも何らかの回答を示し得たということで、仏教には大きな価値があると言えるでしょう。ただし、その回答に一定の評価を与えながらも、その回答だけでは満足できないような人もいるでしょう。そういった人は、仏教の回答を参照しながら、別の回答の可能性を探っていく必要が出てくるでしょう。
 ですから、ここでは仏教による回答を利用した、別種の回答になっているのです。そして、この回答も同様に、他者にとって利用可能なものなのです。


※本連載の一覧はコチラをご覧ください。

ページ:
1

2

西部邁

木下元文

木下元文

投稿者プロフィール

1981年生。会社員。
立命館大学 情報システム学専攻(修士課程)卒業。
日本思想とか哲学とか好きです。ジャンルを問わず論じていきます。
ウェブサイト「日本式論(http://nihonshiki.sakura.ne.jp/)」を運営中です。

【ASREAD連載シリーズ】
思想遊戯
近代を超克する
聖魔書
漫画思想
ナショナリズム論

Facebook(https://www.facebook.com/profile.php?id=100007624512363)
Twitter(https://twitter.com/moto_nihonshiki)

ご連絡は↓まで。
nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2014-10-20

    主流派経済学と「不都合な現実」

     現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…

おすすめ記事

  1. 第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  2. ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  3.  経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  4. ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
  5. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る