『夢幻典』[伍式] 輪廻論

07

「夢幻典」特集ページ

 自己についての問い。
 自己は身体と無関係である。
 自己は性質と無関係である。
 自己は記憶と無関係である。
 そして、自己は世界と無関係である。
 それゆえ、自己は世界を超えている。

 自己は世界に内属しており、
 自己は世界と同一であり、
 自己は世界の外側にある。

 だから、そこに、
 世界と世界のつながりが想定される。
 今の世界が、前後の世界とつながる。
 自己存在の不可思議性のゆえに。

 生と死の約束に亀裂が入る。
 生と死が世界と結びつけられる。
 世界において、時間による亀裂が走る。

 今の世界、前の世界、後の世界
 輪廻転生の思想が生まれる。

 一つの時間軸による、もう一つの時間軸への浸食。
 今の前後による転生が、歴史軸を浸食して展開される。
 それゆえ、すべては一つになり、一つはすべてになる。
 そういった想定も為され得ることになる。
 成され得ることは示されえずとも。
 浸食の仕方により、多くの輪廻転生の種類が示唆されるだろう。

 自己は、常住にして不変であるか。
 それは、そうだと言えるだろう。
 しかし、そうではないかもしれない。
 だから、自己は常にして常ならず。
 不変にして、不変ならず。

 それは想定され得るが、知り得ない。
 そのため、それは態度の問題となる。
 自覚できないことを、自覚することはできないがゆえに。
 自覚できないことを、選択肢として可能性を想定する。
 その選択肢から、何かを選び取る。

 智恵により、自覚できないことを悟るのではない。
 智恵により、自覚できないことを悟るのである。

 智恵により、自覚できないことを悟ることはできない。
 智恵により、自覚できないのだということを悟るのだ。

 それゆえ、智恵における知識が問われる。
 知識により、この世界は虚妄となる。
 知識により、この世界は全てとなる。
 すなわち、知識により、この世界は切り刻まれることになるのだ。

 一つの選択は、すみやかに死へ向かう。
 あらゆる欲望の消滅に伴い、生への執着が絶たれ、餓死へといたる。

 また、一つの選択は、知り得ぬはずの設定を積み重ねる。
 例えば、善悪の行為により、転生の先を導く。
 例えば、執着の滅却により、輪廻の輪を絶つ。

 また、一つの選択は、知り得ぬはずの設定を積み重ねる。
 例えば、善悪の行為により、死後の世界を導く。
 例えば、天国と地獄という仕組みを作り上げる。

 その態度の問題は、善悪の設定の問題へとつながる。
 そこで、ある思想体系において、善悪の設定が積み重ねられる。
 それが様々に利用される。

 善悪の根拠の底は抜けている。
 だから、それこそが善悪を語る理由となる。
 塞がれた底があり、底が抜けたままの語りもまたあるのだ。

 だから、一つの選択は、死と無の思想を必要とする。
 自死の可能性が問われることになる。
 死が無となり、それゆえ、死に意味が与えられる。

 輪廻の基に悟り啓く。
 輪廻など無いと悟り啓く。
 悟りは輪廻転生の解釈により、多様な形態を魅せる。

→ 次ページ「解説」を読む

ページ:

1

2

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1152

    2014-10-15

    何のための言論か

     言論とは、話したり書いたりして思想や意見を公表して論じることです。公表して論じるというその性質上、…

おすすめ記事

  1. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  2. 1902
    ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  3. 1388_re
    ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
  4. 1162
     現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  5. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る