『聖魔書』[1-3] 形成記

2468n

「聖魔書」特集ページ

 第一の奇跡。
 一なる神は、創造である。
 一なる神は、世界を遡ることを許されなかった。
 一なる神は、世界を遡ることを赦された。
 許されざることと赦されたことは、一なる世界における創造である。
 その特異点のゆらぎは、一なる神の存在である。
 ゆらぎは、一なる神が、零なる神であり、無限なる神であることの証である。
 これが、第一の軌跡である。

 第二の奇跡。
 一なる神は、すべての力を一つの理論に導く。
 ゆらぎから、一なる神によって理(ことわり)の世界が導かれる。
 この一つの理論は、一なる神が、すべての法則の支配者であることを示す。
 これが、第二の軌跡である。

 第三の奇跡。
 世界は世界そのものを超克し続ける。
 一なる神は、様々な理(ことわり)を分かつ。
 一なる神は、時空である宇宙に、世界の存在理由の一つを与える。
 これが、第三の軌跡である。

 第四の奇跡。
 一なる神は対称性の破れを支配し、宇宙に元素が誕生する。
 一なる神は、誕生した元素に異なる祝福を授けた。
 様々な祝福を受けた元素は、他の元素とともに一なる神を祝福し合唱する。
 これが、第四の軌跡である。

 第五の奇跡。
 元素の合唱は、賛美歌となる。
 賛美歌により、
 宇宙に銀河系が誕生し、
 銀河系に太陽系が誕生し、
 太陽系に地球が誕生する。
 これが、第五の軌跡である。

 第六の奇跡
 地球は月を産み落とし、陸と海と空を生み出す
 海と月の舞により、生命の素材が作られる。
 一なる神の仕掛けにより、最初の生命が誕生する。
 これが、第六の軌跡である。

 第七の奇跡。
 地球は寒冷化と温暖化を繰り返す。
 大陸は脈動する。
 生命は多様に変化する。
 これが、第七の軌跡である。

 第八の奇跡。
 生物は核を、多くの細胞を、骨格を持つようになる。
 動物と植物が分かれ、性が分かれ、海から陸へと進む。
 魚類が、両生類が、爬虫類が、哺乳類が、鳥類が生まれる。
 恐竜が繁栄し、巨大隕石の衝突により絶滅する。
 生き延びた哺乳類から、霊長類が生まれる。
 霊長類から、類人猿が、猿人が、原人が、旧人が、新人が生まれる。
 すなわち、人が誕生する。
 これが、第八の軌跡である。

 第九の奇跡。
 生命に対し、一なる神は神秘を授ける。
 生命において、神秘を感じるものが人間となる。
 人間は一なる神に祈る。
 これが、第九の軌跡である。

 第十の奇跡
 こうして万象が成った。
 あなたが一なる神を信じるとき、一なる神の奇跡は存在しない。
 あなたが一なる神を信じられないとき、一なる神の奇跡は存在する。
 これが、第十の軌跡である。

→ 次ページ「『聖魔書』[1-3] 形成記の解説」を読む

ページ:

1

2

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2325n

    2015-9-7

    フラッシュバック 90s【Report.1】どうして、今、90年代か?

    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…

おすすめ記事

  1. 2903
     お正月早々みなさまをお騒がせしてまことに申し訳ありません。しかし昨年12月28日、日韓外相間で交わ…
  2. 1101
     経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  3. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  4. 2325n
    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  5. 1388_re
    ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る