近代を超克する(16)対デモクラシー[9] ミルとデューイ

デューイの民主主義

 次は、デューイの『民主主義と教育』に描かれている民主主義について見ていきます。
 民主主義は単なる政治形態以上のものであり、階級・民族・国土を障壁として打ち壊すものだと考えられています。すべての成員に対する等しい条件などが、民主的だというのです。
 そうだとするなら、緩衝材にも成りえる障壁を壊し続けるにつれ、等しさという名の専制が始まります。その等しさの基準が、等しくないと見なされた人たちへと襲いかかります。民主主義的だということによる、他者への危害の肯定が生まれる可能性があるのです。
 デューイは、社会の習慣や制度を改造するのだと言います。進歩的な社会では、個人的変異の中にそれ自体の成長の手段を見出すというのです。民主主義は社会の連続性を支持すると語られていますが、それは改造し続けることによる連続性なのでしょう。
 習慣や制度を改造し続けたとき、そこに現れるのは、一体何なのでしょうか?
 変えることの善悪の基準は、習慣や制度に埋め込まれています。変えることそのものを求めて突き進み、習慣や制度に改造を加え続けたとき、どのような事態が待ち受けているのでしょうか?
 デューイの考えには、かなり危うい民主主義信仰が含まれています。

日本における衆議と多分之儀

 日本における民主的な要素についても、少しだけ紹介しておきます。
 日本では、皆で話し合って物事を決めることを「衆議」と呼んでいました。多数決のことは、「多分之儀」と呼ばれていました。中世農村には、すでに物事を投票できめる伝統もありました。江戸時代の選挙は、「入札」と呼ばれていました。
 これらの用語から、日本では古くから、民主的な要素をうまく生活に組み込んでいたことが分かります。


※第17回「近代を超克する(17)対デモクラシー[10] デモクラシーを超克する」はコチラ
※本連載の一覧はコチラをご覧ください。

ページ:
1

2

西部邁

木下元文

木下元文

投稿者プロフィール

1981年生。会社員。
立命館大学 情報システム学専攻(修士課程)卒業。
日本思想とか哲学とか好きです。ジャンルを問わず論じていきます。
ウェブサイト「日本式論(http://nihonshiki.sakura.ne.jp/)」を運営中です。

【ASREAD連載シリーズ】
思想遊戯
近代を超克する
聖魔書
漫画思想
ナショナリズム論

Facebook(https://www.facebook.com/profile.php?id=100007624512363)
Twitter(https://twitter.com/moto_nihonshiki)

ご連絡は↓まで。
nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2016-3-14

    やくざ国家・中共に日本はどう対峙すべきか(その1)

     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…

おすすめ記事

  1. 第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  2. ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  3. 多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  4. 酒鬼薔薇世代
    過日、浅草浅間神社会議室に於いてASREAD執筆者の30代前半の方を集め、座談会の席を設けました。今…
  5.  経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る