投稿者プロフィール

木下元文

木下元文

1981年生。会社員。
立命館大学 情報システム学専攻(修士課程)卒業。
日本思想とか哲学とか好きです。ジャンルを問わず論じていきます。
ウェブサイト「日本式論(http://nihonshiki.sakura.ne.jp/)」を運営中です。

【ASREAD連載シリーズ】
思想遊戯
近代を超克する
聖魔書
漫画思想
ナショナリズム論

Facebook(https://www.facebook.com/profile.php?id=100007624512363)
Twitter(https://twitter.com/moto_nihonshiki)

ご連絡は↓まで。
nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp

木下元文一覧

  • 01

    『夢幻典』[零式] 無言論

    咆吼。 それは叫び。 これへの叫び。 ゆえに咆吼する。 其は、言葉の前にして、言葉によって語られるもの。 故に、これは叫び。 このものへの叫び。 このことへの叫び。 はじめに言葉なかり…
  • 04

    『日本式正道論』第三章 仏道

    【目次】 第三章 仏道 第一節 平安仏教 第一項 天台宗の最澄 第二項 真言宗の空海 第三項 天台宗の源信 第四項 西行 第二節 鎌倉仏教・浄土系 第一項 浄土宗の法然 第二項 浄土真宗の…
  • 12

    思想遊戯(12)- パンドラ考(Ⅶ) 上条一葉からの視点

     それはもう大昔からきまっているのだ。人間には絶望という事はあり得ない。人間は、しばしば希望にあざむかれるが、しかし、また「絶望」という観念にも同様にあざむかれる事がある。正直に言う事にしよう。人間は…
  • 11

    思想遊戯(11)- パンドラ考(Ⅵ) 佳山智樹の視点(大学)

     つまりゼウスは、  人間がどれほどひどくそれ以外の禍いに苦しめられても、  やはり生命を投げすてず、  たえず新たに苦しめられつづけていくことを欲したのである。  そのため彼は人間に…
  • 3619

    平等理論[後編]

     前編では、西欧哲学における平等の考え方を参照してきました。後編では、平等という概念を理論的に考えていきます。 平等理論[前編]はこちら 平等の構造  平等とは、何かにおける平等です。二つ以上のものを比べて…
  • 3616

    平等理論[前編]

     平等という概念があります。平等は、一種の理想として語られることがあります。ここでは、平等について考えていきます。  まずは、西欧哲学における平等の考え方を参照していきます。 プラトン『プロタゴラス』  平…
  • 10

    思想遊戯(10)- パンドラ考(Ⅴ) 水沢祈からの視点(大学)

     あらゆる禍いにみちた瓶の中に  宝石のごとく貴重な希望が保存されているはずはありませんから。  ブルフィンチ『ギリシア・ローマ神話集』より 第一項 智樹「なあ、水沢。…
  • 06

    漫画思想【06】勇気ある者たち ―『ダイの大冒険』―

     今回は、名作『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』をご紹介します。原作は三条陸先生、作画は稲田浩司先生で、1989年から1996年までの7年間に渡り『週刊少年ジャンプ』で連載されていました。監修とし…
  • 03-630x380-002

    『日本式正道論』第二章 神道

    【目次】 第二章 神道 第一節 日本書紀 第二節 神皇正統記 第三節 唯一神道 第四節 国学の系譜 第一項 契沖 第二項 荷田春満 第三項 賀茂真淵 第四項 本居宣長 『直毘霊』 『…
  • 09

    思想遊戯(9)- パンドラ考(Ⅳ) 高木千里からの視点

     イーアペトスの息子プロメーテウスは初めて泥から人間を作り上げた。  のちにヘーパイストスはゼウスに命じられて泥から女の像を作り、  これにアテーネーが生命を与え、  ほかの神々が思い思いの贈り…
  • 3513

    「幸福」と「格差」の繋がりは深い

     モノがある。便利なモノがあふれている。  そのことは、幸福とどう結びつくのでしょうか? 団塊世代との会話  いわゆる団塊の世代の人と話すとき、世代間の差について話が及ぶことがあります。そのとき、今は昔に比…
  • 05

    漫画思想【05】人間の強さと弱さ ―『幽遊白書』―

     私には、少年時代に大きな影響を受けた漫画があります。それは、冨樫義博先生の名作『幽☆遊☆白書』です。1990年~1994年まで『週刊少年ジャンプ(集英社)』で連載されていました。この作品は私の精神に刻まれた…
  • 08

    思想遊戯(8)- パンドラ考(Ⅲ) 峰琢磨の視点

    パンドーラーは神々が象った最初の女である。  アポロドーロス『ギリシャ神話』より 第一項  佳山智樹とは、同じ学科だったこともあり、大学に入ってすぐに仲良くなった。何か、俺とはタイプが違うけ…
  • 02

    『日本式正道論』第一章 道の場所

    【目次】 第一章 道の場所 第一節 和歌 第一項 万葉集 第二項 古今和歌集 第三項 新古今和歌集 第二節 随筆 第一項 方丈記 第二項 徒然草 第三節 物語 第一項 源氏物語 第二項 …
  • 04

    漫画思想【04】常識の裏側 ―『アホガール』―

     今回は、ヒロユキ先生の『アホガール』を取り上げます。本作は衝動によって生きるアホな少女「よしこ」と、その幼馴染みで苦労人の「あっくん」が繰り広げるドタバタギャグ漫画です。 笑いを生み出す才能  まず…
  • 07

    思想遊戯(7)- パンドラ考(Ⅱ) 佳山智樹の視点(高校)

    女たちを 禍いとして 死すべき身の 人間どもに 配られたのだ  ヘシオドス『神統記』より 第一項  修学旅行が終わり、受験へと意識が向かいはじめる季節。なんとなく憂鬱な季節。  いつも…
  • 01

    『日本式 正道論』序章 世界と国家と人生、そして道

    『序章 世界と国家と人生、そして道』 【目次】 序章 世界と国家と人生、そして道 第一節 心世界 第二節 境界線 第三節 垣領域 第四節 国家間 第五節 言乃葉 第六節 日本国 第七節…
  • 3295

    ドラッカー守破離

     ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、1909~2005)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者です。ご自身は「社会生態学者」を名乗っていまし…
  • 03

    漫画思想【03】彼の戦う理由 ―『からくりサーカス』―

     今回も藤田和日郎先生の作品から。題材は『からくりサーカス』です。この作品も週刊少年サンデーで連載されていた名作です。単行本は全43巻です。 子供を助ける大人のキャラクター  すでに読んでいる方にはお分か…
  • 06

    思想遊戯(6)- パンドラ考(Ⅰ) 水沢祈の視点(高校)

    一つの神話があります。  例えば、それは“パンドラの匣”。  その物語では、神様がすべての悪を封じ込めた匣を、地上における最初の女性であるパンドラに渡します。それは、決して開けてはいけない匣なのです。開け…
  1. 3152

    2016-4-14

    なぜ保育園を増やしても子供の数は増えないのか ~少子化問題の本当の原因~

    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…

おすすめ記事

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 3096
     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
  3. 3087
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
WordPressテーマ「Grider (tcd015)」

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る