思想遊戯(11)- パンドラ考(Ⅵ) 佳山智樹の視点(大学)

11

「思想遊戯」特集ページ

 つまりゼウスは、
 人間がどれほどひどくそれ以外の禍いに苦しめられても、
 やはり生命を投げすてず、
 たえず新たに苦しめられつづけていくことを欲したのである。
 そのため彼は人間に希望を与える、
 希望は本当は禍いの中でも最悪のものである、
 希望は人間の苦しみを長引かせるのであるから。

 ニーチェ『人間的、あまりに人間的』より

第一項

一葉「ねえ、智樹くん。」
智樹「はい? なんでしょう?」
一葉「もう桜が散りきってしまいましたね。」
 そう言って彼女は、花びらが残っていない緑の桜の木を見る。僕は不謹慎にも、その憂いを帯びた横顔に見とれるのだ。
智樹「そうですね。また、来年のお楽しみです。それに、桜は散るからこそ美しいのだと思います。」
 僕は、割と恥ずかしいことを言った。彼女は静かにうなずいてくれた。
 しばらく僕たちは、黙って緑に覆われた桜の木を見ていた。
一葉「そういえば智樹くん。どこかのサークルに入りましたか?」
智樹「いえ、まだです。一葉さんは、どこかのサークルに入っていますか?」
一葉「いいえ、どこにも。」
 その答えを聞いて、僕は良いチャンスかもしれないと思った。
智樹「一葉さんなら、哲学サークルとか、そういったのに入っているイメージですけど。」
一葉「私も大学に入ったばかりのころは、そういったサークルに入ろうと思っていたので、仮入部とかはしました。でも、なんとなく馴染めなかったというか、結局入らずじまいでしたね。」
 馴染めなかったというより、多分だけど、レベルが低かったのではないかなと僕は思う。もしくは、恋愛関係で一悶着があったかだな。まあ、サークルに一葉さんみたいな人がいれば、恋愛関係で揉めるのは想像に難くない。
智樹「それじゃあ、僕らでサークルを作ってみませんか?」
 僕は、思い切って提案してみた。彼女は、僕をじっと見つめる。
一葉「どういったサークルですか?」
智樹「そうですねぇ・・・。読書サークルとか、哲学サークルとか。一葉さんがしてくれたみたいな話を、みんなで集まってワイワイ楽しむサークルです。楽しそうじゃないですか?」
 彼女は、微妙な表情で言う。
一葉「メンバーは? 私と智樹くんだけですか?」
 うっ、痛いところをつかれた。でも、ここで引き下がるのはもったいない。
智樹「実は、こういう話が好きな仲間がいるんですよ。そいつらも、一葉さんの話とか聞かせてもらえると喜ぶと思うんですよね。それなら、いっそのことサークルにしちゃえばどうかなって。」
一葉「それなら、特にテーマを限定せずに、何でも議論し合えるようなサークルが良いと思います。」
 僕は嬉しくなった。
智樹「それでは、サークル名は何にしましょうか?」
一葉「そうですね。特に凝(こ)る必要がないと思います。何でも良いと思いますよ。」

 正直なところ、僕はかなり困ってしまった。何せ、大学に入ったばかりで友達もそんなにいないのだ。新しく作ったサークルに入ってくれそうな人なんて、すぐに集められるわけがない。
 でも、いつも噴水のところで、彼女が座っているときをみはからって押しかけるという方法には、さすがに限界を感じてもいたのだ。噂にもなってしまうだろうし。それは、まずい。
 だから、サークル仲間とか、ちゃんとした関係性を作っておくことは大事なことというか、必要なことなのだ。ここで、新しいサークルを作れるかどうかは、けっこう重要な分岐点だ。
 大学に入学し、ともに新大学生となった仲間たちの顔を覚えだしたころ、僕も気の合うやつができた。その中に、峰琢磨がいた。まず、こいつを無理矢理に勧誘し、仲間にしてしまおう。
 最初に誘ったときは断られてしまったが、そんなことで諦めるほど潔くはない。琢磨の肩に手を回し、ホールドして食堂で飯をおごりながら頼み込む。はじめは乗り気ではなかった琢磨だが、なんと大学の連合会へサークルの作り方を聞きにいってくれたりして、思った以上に動いてくれた。ありがたい。琢磨が持ってきてくれた情報によると、新しいサークルを結成するのには、最低でも5人必要ということらしい。琢磨を入れたとして、あと2人か。さて、どうしたものか…。

→ 次ページ「第二項」を読む

ページ:

1

2 3 4 5

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2095

    2015-7-24

    ラムズフェルド回顧録

    「真珠湾からバグダッドへ ラムズフェルド回想録」書評  政治家と政治学者。  ともに政治に対…

おすすめ記事

  1. 2325n
    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  2. 1388_re
    ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
  3. 3096
     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
  4. 1719
    ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
  5. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る