思想遊戯(11)- パンドラ考(Ⅵ) 佳山智樹の視点(大学)

第二項

 僕は、水沢をサークルに誘ってみることにした。そもそも、誘えるレベルの知り合いが、琢磨と水沢くらいしかまだいない。これから友達を増やしていかないと…。
 水沢の帰り際を狙って、一緒に帰ることにする。その帰り道に、水沢にサークル勧誘してみる。
祈「…ちょっと、考えさせて。」
 水沢の返答はそんな感じだった。う~む、どうしよう…。
 琢磨は、たぶんいけると思っていたけど、水沢は微妙だよなぁ。考えるって言ってもらえただけでも、想像以上に良い結果だとは思うけど。まあ、考えてくれるってことで、また頼み込んでみるかなぁ。でも水沢って、押しだけじゃ、どうしようもないんだよなぁ。何か、決め手がないとダメかなぁ。
智樹「ええと、今のところ、2人くらいはいけそうです。ですから、僕と一葉さんを合わせると4人ってことで、あと1人なんですね。」
 今後どうしようかベンチに座って悩んでいると、偶然にも一葉さんが通りかかり、声をかけてくれた。メンバー集めに四苦八苦している今は、微妙に顔をあわせづらい。
一葉「そうですか。では、どうにかなりそうなのでしょうか?」
 僕は、どう応えたらよいか悩んだ。
智樹「ええとですね、もう1人心当たりあったんですけど、他のサークルに入っちゃいまして、ちょっと困っているところです。申し訳ないのですが、一葉さんの方は、誰か入ってくれる人に心当たりはないでしょうか?」
 一葉さんは、感情の読めない表情で黙って僕を見ている。ううっ、何か、いたたまれない…。僕も黙って、お互いに見つめ合う形になる。何か、言い知れぬ圧迫感がある…。僕が緊張に耐えかねて、とりあえず何か言おうとすると、先に一葉さんの方から口を開いた。
一葉「1人なら、心当たりがあります。ちょっと聞いてみますね。」
智樹「本当ですか? それは…、ありがたいです。」
 僕は一葉さんと連絡先を交換した。
 これで、あとは何が何でも水沢を説得しなければいけなくなった。水沢を説得し、サークルを設立して、大学生活を楽しむのだ。
 探してはいるんだけど、水沢と会えない日が続いた。どうやら、講義なども休んだりしているようだ。代筆は頼んでいたりするので、そこらへんはさすがというべきなのだが…。
 そんなある日、やっと学内で水沢を見つけて、僕は駆け寄った。
智樹「よお、水沢。あのさあ…。」
祈「智樹くん。私、サークルに入るよ。」
 しまった。遅かったか。ここ数日は、そのための用事で会えなかったのだろう…。
智樹「えっ、そうなの? それは残念…。」
 水沢は、あきれた顔をした。
祈「そうじゃないよ。“思想遊戯同好会”に入るって言ってるの。」
智樹「本当? えっ? マジ?」
 僕は、かなりバカっぽい返し方しかできなかった。水沢はやれやれといった感じで、僕に言うのだ。
祈「だから、これからもよろしくね。」
智樹「あ、ああ、よろしく。」
祈「じゃあ、日程とか、細かい予定とか決まったら教えてね。」

→ 次ページ「第三項」を読む

固定ページ:
1

2

3 4 5

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2016-2-24

    思想遊戯(1)- 桜の章(Ⅰ) 桜の森の満開の下

    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…

おすすめ記事

  1. ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
  2. 第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  3. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  4. 多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  5.  現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る