思想遊戯(10)- パンドラ考(Ⅴ) 水沢祈からの視点(大学)

「思想遊戯」特集ページ

 あらゆる禍いにみちた瓶の中に
 宝石のごとく貴重な希望が保存されているはずはありませんから。

 ブルフィンチ『ギリシア・ローマ神話集』より

第一項

智樹「なあ、水沢。」
祈「何かな?」
 二人歩いて帰りながら、智樹くんは私の名前を呼んだ。
智樹「入るサークル、決まった?」
祈「入ることが前提なの?」
智樹「まあ、普通はどこかに入るんじゃない?」
祈「そうかもね。」
智樹「水沢は、どこにも入る予定ないの?」
祈「どうだろうね?」
智樹「どうだろって、僕に訊かれてもなぁ…。」
祈「智樹くんは、どうするの?」
智樹「僕? 実はねぇ、新しいサークルを作ろうとしているんだ。」
 そう言って、彼は笑うのだ。その笑顔が素敵で、私は少し不安になる。
祈「新しいサークル? なんで? なんていうサークル?」
智樹「“思想遊戯同好会”っていう名前のサークル。特にテーマを限定せずに、議論し合うサークルだよ。」
 私は歩みを止めた。隣の智樹くんも私に合わせて歩みを止める。
祈「どうして?」
智樹「どうしてって、面白そうだから。」
祈「だから…。」
智樹「ええとね、最近、上条一葉さんって人と仲良くなったんだけど…。その人、すごく博識で話していると面白い人で、その人にいろんなこと教えてもらいたくて、その人といろんなことを話したくて。それなら、サークルを作っちゃおうって考えたんだよ。」
 そう言って、彼は笑うのだ。
祈「それで?」
智樹「それでね、サークルを作るには5人必要で、入ってくれるメンバーを探しているんだよ。」
祈「それで?」
智樹「それで、もしまだ入るサークルが決まっていないんなら、水沢に入ってほしいなって…。」
 そう言って、彼は笑うのだ。
 私は黙って歩き出す。彼も、私に合わせて歩き出す。
祈「…ちょっと、考えさせて。」

→ 次ページ「第二項」を読む

固定ページ:

1

2 3 4 5

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2016-2-24

    思想遊戯(1)- 桜の章(Ⅰ) 桜の森の満開の下

    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…

おすすめ記事

  1.  現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  2. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  3. ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  4. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  5.  アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

ページ上部へ戻る