思想遊戯(10)- パンドラ考(Ⅴ) 水沢祈からの視点(大学)

第四項

 智樹くんから連絡が来た。いよいよ、新しいサークルが始まる。
 講義後に指定された教室へと向かう。
祈「あの、こんにちは。水沢祈です。」
 私が教師に入ると、智樹くんが手を挙げて迎えてくれる。隣にいる友達を紹介してもらう。
智樹「こいつは、峰琢磨。同じ学部の友達。」
琢磨「あっ、えっと、峰琢磨です。よろしくお願いします。」
 彼が峰くんか。一応初対面なので、挨拶をして雑談して過ごす。しばらくして、残りの2名がやってきた。
一葉「こんにちは。上条一葉です。こっちは、ちーちゃんです。」
 上条さんが、もう一人を紹介した。ちーちゃんって…。今までのイメージとのギャップに、私は面食らう。
千里「ちーちゃん言うな! えっと、高木千里です。はじめまして。」
 もう1名は、高木さんという方のようだ。高木先輩、か。落ち着いた感じの人だ。上条さんとは違って、この人とは気軽に話せそうな気がする。
 サークルメンバー5名がそろった。私たちは互いに自己紹介し合う。
智樹「まあ、今日はサークル発足の顔合わせということで。幹事長は僕、佳山智樹が、そして副幹事長は上条一葉さんにお願いします。会計は峰琢磨が担当です。水沢と高木さんは、無理にお願いして参加してもらっているので、役職とか気にせず、気が向いたときに参加していただけると助かります。」
 智樹くんが幹事長としてしめる。私はこれから先の生活に思いをはせる。一癖も二癖もありそうなメンバーがそろったのかもしれない。そんなことを考えていると、高木先輩と目が合った。
祈「あっ、水沢です。よろしくお願いします。高木先輩。」
千里「よろしく。水沢さん。水沢さんは、どうしてこのサークルへ?」
祈「あ、あの、智樹くんに誘われまして。」
 私は当たり障りのないように応える。別に嘘は言っていないし。
 一瞬だけど、高木先輩の表情に微妙な感情が浮かんだ。私はそれに気づかないようにし、静かに微笑みを返した。
 自己紹介がてらの雑談が終わった頃を見計らって、上条さんが提案した。
一葉「それじゃあ、“思想遊戯同好会”の結成を記念して、一つ何かテーマを設定して論じてみませんか?」
 さっそく智樹くんが食いつく。
智樹「いいですね。それでは、上条さんは何かありますか?」
祈「パンドラの匣ですよね?」
 私の発言に反応し、智樹くんがこちらを見た。私は横目で彼の視線を感じながらも、上条さんを見据えている。上条さんは、私を見て微笑んだ。
一葉「そうですね。パンドラの匣をテーマにして、ちょっと論じてみましょうか。」

→ 次ページ「第五項」を読む

固定ページ:
1 2 3

4

5

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2014-12-24

    『永遠のゼロ』を私はこう見る

     当サイトに、藤井聡氏のエッセイ「永遠にゼロ?」(2014年9月9日 三橋経済新聞掲載)に対する木下…

おすすめ記事

  1. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  2. ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
  3. ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
  4.  お正月早々みなさまをお騒がせしてまことに申し訳ありません。しかし昨年12月28日、日韓外相間で交わ…
  5. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

ページ上部へ戻る