思想遊戯(10)- パンドラ考(Ⅴ) 水沢祈からの視点(大学)

第二項

祈「こんにちは。」
 私は、噴水で本を読んでいる一つ年上の先輩に話しかけた。その人は、読んでいる本から目を離し、しばらく私を見詰めてから言った。
一葉「・・・・・・・・・こんにちは。失礼ですが、どちら様でしょうか?」
 私の鼓動が、ドクンッと鳴った音が聞こえた。
 その女性は、とても美しい人だった。それに加え、彼女の瞳が私を見据えたとき、私は、私の奥が覗かれたと感じた。
 正直、屈辱だ。
 この人は、私の勘が言っている、恐ろしい女性だ。それも、実際は恐ろしいということを隠しているタイプだ。気づく人だけが気づく。牙を隠している。そして、後ろからそっと牙を立てるのだ。
 私は、鼓動を必死に押さえて、平静を装って応えた。
祈「私は、水沢・・・祈と申します。佳山智樹くんの友達と言ったら分かりますか?」
 私の言葉に、彼女は眉一つ動かさなかった。彼女が何を考えているのか、まったく読むことができない。
 彼女は、とても長い時間、黙って私を見詰めてから、言った。
一葉「そうですか。智樹くんのお友達ですか。」
 私は、少しばかり、いや、かなり動揺した。この女性は、智樹くんを名前で呼んだ。智樹くんは、この女性に名前で呼ぶことを許したのだろうか?
 私は呼吸を整えてから、彼女に話しかけた。
祈「そうなんです。智樹くんから、面白そうな人がいるって聞いて、どんな人なのかなって思って。」
 私は彼女の様子をうかがったけれど、やはり彼女はわずかな感情の起伏も見せない。
一葉「・・・そうですか。それで、私に会いに来たのですか?」
 彼女は静かにそう訊いてきた。
 私は、一瞬、何と答えるべきか迷った。迷ったけれど、彼女をしっかりと見詰めて、言った。
祈「そうです。智樹くんからあなたのことを聞いて、どんな人か確かめにきました。」
 私がそう言うと、彼女は静かに微笑んだ。思わず見とれそうになる。ああ、この人はとても美しい人だ。でも、美しい薔薇には棘がある。私の心に浮かんだこの言葉を、そのまま彼女にぶつけてみたらどうだろう。そんなことが考えに浮かんでは消えた。
一葉「もう一度、お名前を。」
祈「えっ?」
一葉「先ほど、よく聞こえなかったので、もう一度あなたのお名前を教えていただけませんか?」
 彼女は静かに私に言った。彼女の声は平静そのものだったけれど、私には子供をあやす母親のように響いて・・・・・・、正直なところ、不快を感じた。
 落ち着け。ただ、名前を聞かれただけだ。まだ、何も始まってはいない。
祈「私の名前は、水沢・・・祈・・・です。」
一葉「良いお名前ですね。」
 彼女は、やっぱり静かに言葉を並べる。私は、自身の気が立ってくるのを抑えることができない。
祈「そうでしょうか? それなら、上条さんのお名前も素敵だと思います。樋口一葉みたいで。」
 私は、勢いのまま言葉をはき出す。そんな私の様子など関係ないかのように、彼女は静かにゆっくりと答える。
一葉「ありがとうございます。樋口一葉のイチヨウで、カズハって読むのは、自分でも気に入っています。」
 そうして彼女は微笑むのだ。
 私は、自分の劣勢をありありと感じた。こんな当たり障りのない簡単な会話。でも、私にははっきりと分かる。この女は危険だ。恐ろしいと言ってもいい。怒りと恐怖が入り交じっている感情の渦の中、私は溺れそうになっている。
 私が黙って彼女を睨んでいると、彼女は優しく言った。
一葉「せっかくなので、座って話しませんか?」
 私は、しばらく経ってから、こくりと頷いた。
 私と上条一葉。
 二人は大学内にある噴水のところのベンチに座り、会話をする。
一葉「水沢さんは、大学には馴れましたか?」
 彼女は、当たり障りのない話題を振ってきた。
祈「ええ。だいたい分かってきました。大学って、高校までとは違って、なんかのびのびできる感じがします。」
 そう言って私は笑みを作る。そんな私を見て、彼女は静かに微笑む。
一葉「そうですか。それは良かったです。水沢さんは、大学に入って何かやりたいこととかあるのですか?」
祈「ええ、まあ、色々と、あります。」
一葉「訊いても良いですか?」
 断ろうかと思ったけれど、さすがに私から話しかけておいてそれはないだろうと思い直す。
祈「ええ。こう見えて私、高校時代はけっこうな優等生を演じていたんです。それに飽き飽きだったので、大学では自分の思うように生きてみようかと。」
 そう言って私は彼女の瞳を見つめた。綺麗な瞳だ。
一葉「思うように生きてみたいのですか?」
祈「そうです。思うようにです。」
 彼女の瞳は、まだ、底が見えない。
一葉「水沢さんの思うようにとは、どういったことなのでしょうか?」
 彼女は私に問う。
祈「どういったことって・・・。」
 彼女が私を覗き込む。
一葉「例えば、授業をさぼったり、バイトしてみたり、恋をしてみたりすることですか?」
 そう私にささやく彼女に、私は、かつて私の中にいた悪魔の面影を見つけた。おもわず私は、目をこする。
一葉「どうかしましたか?」
祈「い、いえ。」
 私は、何を考えているのだろう…?
祈「えっと・・・。」
一葉「思うように生きてみれば良いのではないでしょうか。水沢さんの人生は、水沢さんのものです。思うように生きたいのなら、そうすればよいのではないでしょうか?」
 彼女は、そう言って私を見つめる。
 気付け、私。彼女の意図を。彼女の言葉は、きっと、重いのだ。
祈「その意見には、何か棘がある気がします。」
 私は彼女を睨む。彼女は静かに私を見返す。
一葉「棘・・・、ですか?」
祈「そう、棘です。綺麗な薔薇には刺があるそうですよ。」
 私がそう言うと、彼女は静かに微笑む。
一葉「そうですか。それは、面白い意見ですね。」
 私はひるまずに語る。
祈「私の中には、昔は悪魔が棲んでいました。」
 私がそう言うと、彼女の表情が微妙に変化したのを私は見逃さなかった。
一葉「悪魔・・・ですか・・・。」
 私はうなずく。
祈「そうです。悪魔です。私の中には悪魔がいました。私は、私の内で育っている悪魔を怖れていました。そして、私は、あなたの中に、かつて私の中にいたものと同じ匂いを感じています。」
 私がそう言うと、彼女は、とても嬉しそうに微笑んだ。
一葉「それは、とても素敵なお話ですね。」
 私は、思わず彼女を睨みつけてしまった。
祈「どこが・・・、素敵な話なんですか?」
 彼女は、黙って私を見つめている。その瞳に吸い込まれそうになる。危険だ。私は意識を強く保ち、彼女の目を見返す。
一葉「水沢さん。私は、明日も同じ時間にここにいます。よろしいでしょうか?」
祈「分かりました。明日なら、大丈夫です。」
 それを聞くと、彼女はベンチから立ち上がった。
一葉「それでは、また明日。」
 そう言って、彼女はゆっくりと去って行った。

→ 次ページ「第三項」を読む

固定ページ:
1

2

3 4 5

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2016-2-24

    思想遊戯(1)- 桜の章(Ⅰ) 桜の森の満開の下

    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…

おすすめ記事

  1. ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  2. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  3.  お正月早々みなさまをお騒がせしてまことに申し訳ありません。しかし昨年12月28日、日韓外相間で交わ…
  4. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  5.  経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る