思想遊戯(9)- パンドラ考(Ⅳ) 高木千里からの視点

第五項

 いろいろと抵抗を試みたわけだが、一葉にかなうわけもなく、私は掛け持ちという形で“思想遊戯同好会”に参加することになってしまった。まあ、気が向いたときだけ参加すればよいということで、部費もなしということで、さらにはサークルとして教室利用ができるということらしいので、断る理由も特にはなかったわけだが。
 私は何もしていないが、裏では事態が進行していたらしく、サークル結成記念で他のメンバーと初合流という流れになった。私はその日の講義が終わってから一葉と待ち合わせ、サークルで借りているという教室へと向かった。
 ドアを開けると、すでに他の3名のメンバーがそこにいた。男が2人で女が1人。どっちが噂の佳山くんかな?
一葉「こんにちは。上条一葉です。こっちは、ちーちゃんです。」
 一葉が、とんでもない紹介をする。
千里「ちーちゃん言うな! えっと、高木千里です。はじめまして。」
 どうやらこの3名は新入生らしいので、私は年上の威厳を見せねばならないのに。一葉め、ちーちゃん言うな。
智樹「はじめまして。佳山智樹と申します。高木さん、はじめまして。参加していただき、ありがとうございます。」
 なるほど、こっちが佳山くんか。へえ。
琢磨「あっ、えと、峰琢磨です。智樹と同じ学科で一年です。どうぞよろしくお願いします。」
祈「水沢祈です。よろしくお願いします。」
 なるほど。佳山くんに、峰くんに、水沢さんね。なかなか面白そうなメンバーが集まっているみたい。私は、少しウキウキしだしている。
智樹「まあ、今日はサークル発足の顔合わせということで。幹事長は僕、佳山智樹が、そして副幹事長は上条一葉さんにお願いします。会計は峰琢磨が担当です。水沢と高木さんは、無理にお願いして参加してもらっているので、役職とか気にせず、気が向いたときに参加していただけると助かります。」
 これは、なかなかに面白そうなサークルになりそうだ。詰まらなさそうだったら出ないでおこうとも思っていたけど、少しは頑張って活動してみてもよいかもしれない。一葉がこのメンバーと、どう付き合っていくのかにも興味がある。
 佳山くん、けっこう体格が良いな。何か運動をやっている体だ。運動のサークルではなく、議論するサークルを作るってのが一見すると意外な感じがする。どうやって、一葉をここに引っ張りこんだのだろう? とても興味がある。一葉が一緒に何かやろうと思うなんて、どんな人間なのだろうか? 興味がわかないわけがない。少なくとも、彼は一葉とそれなりにコミュニケーションが取れたということだ。それだけでも、たいしたものだと思う。単に学校の勉強ができるという以上の何かが、彼の中にあるのだろう。
 峰くん、なかなかの好青年です。佳山くんが、ある意味で独特の印象を与えるのに対し、峰君は柔らかい印象を受ける。万人受けしそうな感じもする。おそらく、佳山くんに引っ張ってこられたのだろう。ただ、ここに引っ張ってこられたということは、普通以上の感受性はあるのだろう。
 水沢さん、可愛らしい子だ。身長は私たちの中でも一番低めだが、それが彼女のかわいらしさを際立たせている。彼女も佳山くんに引っ張ってこられたのかな? こんなサークルに入るなんて、物好きな子だなぁ。一葉と付き合いの長い私が言うのも何だが。
 私が水沢さんを見ていると、彼女と目が合った。
祈「あっ、水沢です。よろしくお願いします。高木先輩。」
 そう言って、彼女は頭を下げる。非常に可愛らしいしぐさだ。普通の男だったら、いちころだろう。
千里「よろしく。水沢さん。水沢さんは、どうしてこのサークルへ?」
祈「あ、あの、智樹くんに誘われまして。」
 そう言って、水沢さんは微笑む。
 んっ? 智樹くん? 名前呼び?
 そのとき私は、恋愛ごとで揉め事とか起きないか心配になった・・・。


※次回は9月上旬公開予定です。
※本連載の一覧はコチラをご覧ください。

固定ページ:
1 2 3 4

5

西部邁

木下元文

木下元文

投稿者プロフィール

1981年生。会社員。
立命館大学 情報システム学専攻(修士課程)卒業。
日本思想とか哲学とか好きです。ジャンルを問わず論じていきます。
ウェブサイト「日本式論(http://nihonshiki.sakura.ne.jp/)」を運営中です。

【ASREAD連載シリーズ】
思想遊戯
近代を超克する
聖魔書
漫画思想
ナショナリズム論

Facebook(https://www.facebook.com/profile.php?id=100007624512363)
Twitter(https://twitter.com/moto_nihonshiki)

ご連絡は↓まで。
nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-3-2

    メディアとわれわれの主体性

    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…

おすすめ記事

  1. ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  2. 「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  3.  アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
  4.  お正月早々みなさまをお騒がせしてまことに申し訳ありません。しかし昨年12月28日、日韓外相間で交わ…
  5.  現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

ページ上部へ戻る