思想遊戯(6)- パンドラ考(Ⅰ) 水沢祈の視点(高校)

第五項

 私は佳山君が部活をしているところを見に行きました。郁恵ちゃんから聞いた情報では、彼は第二体育館の横の道場で毎日練習しているそうです。
 私は校内を散策している風を装って、道場を覗いてみることにしました。道場からは、練習している人たちの声が響いていました。彼の声も聞こえてきました。普段の彼のイメージとは異なり、大きく低くよく通る声が響いていました。私は、道場からは見えない場所に座り、黙ってその声を聞いていました。
 しばらくそうしていると、サンドバックを蹴る音が聞こえてきました。道場を覗いてみると、佳山君がサンドバックを蹴っていました。一瞬、彼の顔が見えました。彼は真剣な顔をしていました。その顔を見たとき、思わず私は後ずさってしまいました。彼のサンドバックを蹴る音を聞きながら、私は道場から立ち去りました。
 私は、なぜか泣いていました。なぜ泣いているのか、自分でも分かりません。
 私の中には、悪魔が棲んでいます。その悪魔は、彼を怖れています。いえ、怖れているのは、悪魔ではなく、私自身なのかもしれません。ですから、私は、彼と対峙して、決着を付けなくてはなりません。
 でも、私は涙を流してしまいました。私は、なぜか彼に恐怖しているのです。彼と、決着を付けなければなりません。


※次稿「思想遊戯(7)- パンドラ考(Ⅱ) 佳山智樹の視点(高校)」はコチラ
※本連載の一覧はコチラをご覧ください。

ページ:
1 2 3 4 5

6

西部邁

木下元文

木下元文

投稿者プロフィール

1981年生。会社員。
立命館大学 情報システム学専攻(修士課程)卒業。
日本思想とか哲学とか好きです。ジャンルを問わず論じていきます。
ウェブサイト「日本式論(http://nihonshiki.sakura.ne.jp/)」を運営中です。

【ASREAD連載シリーズ】
思想遊戯
近代を超克する
聖魔書
漫画思想
ナショナリズム論

Facebook(https://www.facebook.com/profile.php?id=100007624512363)
Twitter(https://twitter.com/moto_nihonshiki)

ご連絡は↓まで。
nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-7-24

    ラムズフェルド回顧録

    「真珠湾からバグダッドへ ラムズフェルド回想録」書評  政治家と政治学者。  ともに政治に対…

おすすめ記事

  1. はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  2. 多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  4. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  5. ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

ページ上部へ戻る