古市憲寿が日本のために戦うと言うとき [前編]

道徳と理性

 道徳と理性をめぐる陥穽を考えるために、ヒューム(David Hume, 1711~1776)の『人性論』を参照してみましょう。

 道徳は情念を呼び起こし、そして、行為を生じさせたり、妨げたりする。ところが、理性そのものはこの点についてまったく無力である。したがって、道徳の規則は理性の決定なのではない。
 理性は真または偽を見いだすことである。

 これは、かなり刺激的で、とても興味深い見解だと思われます。ざっくり言うと、西欧哲学の伝統では理性的であることは道徳的であることだと考えられていたのですが、ヒュームは、それは違うと言ってしまったのです。
 単純化して述べてしまうなら、道徳的なことを理性的に行う人がいる一方で、非道徳的なことを理性的に行う人もいる、ということです。無計画な犯罪もあるでしょうが、非常に緻密で計画的な犯罪行為もありえるという話です。ですから、マッドサイエンティストが存在することは、大いにありえる話だということになります。
 このことに注意して考えると、異なる情念を持った二人が理性的に考えたとき、異なる見解にたどり着くことが分かると思います。そのとき片方からは、相手が非道徳的に見えてしまうのです。
 ここで、ヒュームの友人であるアダム・スミス(Adam Smith, 1723~1790)に登場してもらいましょう。彼は『道徳感情論』で、次のように述べています。

 謝意や憤りは、人間本性における他のすべての激情と同様に、あらゆる公平な観察者の心が余すところなく共感する場合――あらゆる無関係な傍観者がそれを余すところなくくみ取り、しかも同調する場合――に、適切だと見なされ、是認されるものである。

 彼は人間の「共感」能力に注目し、各人が心の中に公平な観察者を持つことで道徳を実現できると考えているのです。ただし、ここには非常に難しい問題があります。それは、共感の範囲には個人差が存在するということです。

共感の範囲

 共感できる範囲の問題を考えたとき、古市さんと山本さんの見解の違いが理解できると思います。山本さんの共感の範囲は国家であり、古市さんはそうではないわけです。彼は、「僕の個人的な意見ですけど、自分の命だとか、自分の大切な人の命よりも大事なものはないと思うんですね。それより国家が上位にはこない」と述べています。ですから、その共感の範囲に基づいて理性的に考えると、「ある会社に所属している人にとって、その会社が残ることと国が残ることと、どちらが大事かといったら、多分会社だと思うんです」という結論になるわけです。
 では、古市さんが国家のために戦うと言うようになることはありえないのでしょうか?
 私は、ありえなくはないと思います。次回は、その可能性について検討していきたいと思います。

→ 次の記事を読む: 古市憲寿が日本のために戦うと言うとき [後編]

固定ページ:
1

2

西部邁

木下元文

木下元文

投稿者プロフィール

1981年生。会社員。
立命館大学 情報システム学専攻(修士課程)卒業。
日本思想とか哲学とか好きです。ジャンルを問わず論じていきます。
ウェブサイト「日本式論(http://nihonshiki.sakura.ne.jp/)」を運営中です。

【ASREAD連載シリーズ】
思想遊戯
近代を超克する
聖魔書
漫画思想
ナショナリズム論

Facebook(https://www.facebook.com/profile.php?id=100007624512363)
Twitter(https://twitter.com/moto_nihonshiki)

ご連絡は↓まで。
nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • Johna103
    • 2014年 7月 25日

    Good post. I study something more challenging on completely different blogs everyday. It is going to all the time be stimulating to learn content material from different writers and practice somewhat one thing from their store. I gedbeckdbega

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 酒鬼薔薇世代

    2014-6-20

    【激論!酒鬼薔薇世代】私たちはキレる世代だったのか。

    過日、浅草浅間神社会議室に於いてASREAD執筆者の30代前半の方を集め、座談会の席を設けました。今…

おすすめ記事

  1.  現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  2. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  3. 「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  4.  経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  5. 酒鬼薔薇世代
    過日、浅草浅間神社会議室に於いてASREAD執筆者の30代前半の方を集め、座談会の席を設けました。今…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る