思想遊戯(3)- 桜の章(Ⅲ) 和歌

第三項

 僕は、食堂で食事中の水沢を見つけた。今日は、水色系のショートパンツでカジュアルにまとめている。水色系は、水沢によく似合っていると思う。名字が水沢だし。
智樹「よっ。ここ、良い?」
 水沢は、パスタを食べていた。
祈「いいよ。」
 僕は向かいに座って、自分の持ってきたトレイを置いた。
智樹「なあ?」
祈「何かな?」
智樹「水沢は、和歌とか好き?」
 水沢は、きょとんとした顔をした。
祈「何かな? 急に?」
 それは、そうだろう。いきなり和歌を好きかどうか聞くのは、確かに変だと思う。
智樹「いや、別に。何となくだけど。」
祈「う~ん。なんか受験で頑張った気がするけど。」
智樹「そうだよなぁ。まずは、受験とか、そういう話になるよなぁ。」
祈「そういう話じゃないの?」
智樹「受験は終わったんで、その話はなしで。」
祈「そっか。」
 そう言って、水沢は静かに食事をする。水沢は、楽しそうに食事をするし頭の回転もはやいから、一緒に食べるのは楽しい。
 上条さんは、食事のときはどうなんだろう・・・。
祈「智樹くん。」
智樹「えっ、何?」
祈「何を考えていたの?」
智樹「え? 何が?」
祈「なんか、考えていたような気がしたから…。」
 僕はびっくりする。
智樹「別に、なんでだよ。」
祈「なにか、他の人のこと考えていたような気がしたから。」
 こいつは、エスパーか?
智樹「そんなことねえよ。」
 僕は、トレイに乗っている豚肉の梅しそ巻きにがっつく。いつもはうまいのに、今は味を感じる余裕がない。
祈「そうかな?」
智樹「そうだよ。」
祈「なんか、ムキになっているところがあやしいな。」
智樹「そんなことより、明日の講義の宿題はやったのか?」
 僕は、露骨に話題を変えたが、水沢は乗ってこない。
祈「智樹くんさぁ、文学部の子にでも惚れたのかな?」
 僕は、一瞬言葉に詰まる。水沢は、話し続ける。
祈「だってさ、いきなり和歌とかって、文学部の女子とかが関係してそうな気配がありありだよね? なんとか話題をつくって、お近づきになりたいって魂胆じゃないのかな?」
 うう、水沢も女だけに、勘がいろいろと鋭いなぁ。切れ味抜群…。
智樹「別に、文学部とか関係ないし。」
 嘘は言ってない。上条さんが文学部とは聞いてないし。文学部かもしれないけど。
祈「あ、やっぱり女の人のことなんだ。」
智樹「何でそうなるんだよ?」
祈「だって、文学部は否定したけど、女の気配は否定してないでしょう? 文学部ではないかもしれないけど、気になる女の人ができたってことじゃないかな?」
 こいつは、僕が思っているより遙かに鋭いやつなのかもしれない。嘘を吐くより、当たり障りのないことで誤魔化した方が良いかもしれない。
 僕は内心ドキドキしながらも、表面上は平静を装って応える。
智樹「まあ、確かに、ちょっと上の学年の先輩と話して、ちょっと和歌とかの話題になったことは確かだけど・・・。」
祈「へえ・・・、誰かな?」
智樹「別に、ちょっと話した程度だよ。ほら、今って桜の季節じゃんか。桜の和歌について、その人が少し教えてくれただけっていうか・・・。」
祈「ふ~ん。智樹君は、そういう古風な感じの女性が好みなのかな?」
 今日の水沢は、ずけずけと踏み込んでくる感じがする。
智樹「別に、そういうのが好みっていうわけじゃないけどな。ちょっと、和歌について語る人って珍しかったから、ちょっと聞いてみただけだろ。」
祈「まあ、和歌ではないけど、私はポエムとか書いたりはするかな。」
智樹「ポエム?」
祈「そう。」
智樹「どんな?」
祈「内緒。」
 そう言って水沢は笑う。うっ、なんか気になる。
智樹「なんだよ。そこまで言ったんなら教えてくれよ。」
祈「女性の秘密を探ろうとするのは、感心しないな。智樹くん。」
 微笑みながらそう言われると、引き下がるしかない。
智樹「そうだね。分かったよ。ごめん。確かに、ちょっと失礼だったよ。親しき仲にも礼儀ありだしね。」
祈「分かればよいのです。」
 そう言って、水沢は何事もなかったかのように、ご飯を食べ続けるのだ。

→ 次ページを読む

ページ:
1 2 3 4 5

6

7 8

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-9-1

    神概念について ―ある越権行為のまえがき―

     神という概念は、宗教において最も重要なキーワードの一つです。神という概念を持たない宗教にお…

おすすめ記事

  1. ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
  2. 第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  3.  現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  4. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  5.  お正月早々みなさまをお騒がせしてまことに申し訳ありません。しかし昨年12月28日、日韓外相間で交わ…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る