思想遊戯(3)- 桜の章(Ⅲ) 和歌

03

「思想遊戯」特集ページ

第三節 和歌

 

 やまとうたは、
 人の心を種として、
 万(よろづ)の言の葉とぞなれりける。

 『古今和歌集』[仮名序]より

第一項

一葉「桜が咲き始めていますね。」
 上条さんは、隣を歩く僕に話しかける。
智樹「そうですね。」
 僕は、静かに答える。
一葉「この前、日本神話の話をしたとき、サクヤ姫とイワナガ姫の話をしましたね。」
智樹「ええ。」
一葉「イワナガ姫は、岩を暗示し、永遠性を示唆していました。サクヤ姫は、花を暗示し、繁栄とともに儚さを示唆していたと考えることができます。」
智樹「ええ。」
 僕は、相槌(あいづち)を返しながら彼女の語る話に耳を傾ける。
一葉「日本では古来より、花の美しさと儚さを称える文化が育(はぐく)まれてきました。」
智樹「・・・そうですね。」
 彼女は、不意に立ち止まった。僕も歩みを止め、彼女の方を見つめる。彼女は、まっすぐに僕を見つめている。ドキドキした。
一葉「佳山くんは、私と話をするのはどうですか?」
 僕は、一瞬だけ思考停止常態に陥る。
智樹「どう・・・とは・・・・・・?」
一葉「私、よく言われるのです。話が難しいとか、よく分からないとか。」
 そう言う彼女は、少し寂しそうに見える。僕は、あわてて言った。
智樹「全然、そんなことないです。僕は、楽しいです。僕も、たまにお前の話は難しくて苦手だとか言われたりしますし。でも、僕は、そういう話とか、この前話した神話とか、そういう話をするのは好きなんで、上条さんと話ができるの、楽しいです。」
 僕の言い方は、かなりしどろもどろで、きちんとした言い方にはなっていなかったけれど、そんな僕の言葉を聞いて彼女は薄く微笑んだ。
一葉「ありがとうございます。」
 彼女はゆっくりとお辞儀をする。
智樹「あっ、いえ、こちらこそ。」
 僕もお辞儀を返す。なんか気恥ずかしい。
智樹「それで・・・、日本の花は美しさと儚さを兼ね備えているという話でしたっけ?」
 僕は、彼女の話の続きを促す。
一葉「はい。そうです。特に、日本の花の中でも、美しさと儚さを代表している花として、やっぱり桜は特別だと思うのですが、どうでしょうか?」
 僕は少し考えてから応える。
智樹「そうですね。桜は、やはり日本を代表する花だと思います。桜の美しさは、特別だと感じられます。特に、あっという間に咲いて、あっという間に散っていくその一瞬が、その美しさを際立たせているのだと思います。」
 僕は、桜の美しさは、目の前にいる女性に似ていると思った。口には出さなかったけれど。
一葉「それでは、今度会うときにでも、桜について少し語っても良いでしょうか?」
 彼女は、いたずらっ子のように僕に尋ねる。その仕草があまりにかわいらしくて、僕は返答まで少し時間がかかってしまったけれど、ちゃんと応えた。
智樹「はい。喜んで。」

→ 次ページを読む

ページ:

1

2 3 4 5 6 7 8

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2221

    2015-9-1

    神概念について ―ある越権行為のまえがき―

     神という概念は、宗教において最も重要なキーワードの一つです。神という概念を持たない宗教にお…

おすすめ記事

  1. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  2. 1560
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  3. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  4. 2325n
    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  5. 01
    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る