『夢幻典』[玖式] 蛍光論

 微笑を浮かべよう。
 微笑む価値があるのだから。
 あるのだから、微笑みを浮かべよう。

 微笑を浮かべよう。
 微笑む価値がないのだから。
 ないのだから、あえて微笑みを浮かべよう。
 ないのだとしたら、あえて微笑みを浮かべよう。

 極限において、
 たとえば簡単な言葉を唱えよう。
 その言葉には意味がある。
 意味があるということにしたのだから。
 やりきれない生への自覚は、飛躍を伴う言葉を必要とする。
 それが嘘だとして、それを悪だと言うことはできない。
 できてはならないのでなければならない。
 だから、それゆえに、その糾弾は可能でもあるだろう。
 そうして、思想は複数性を要請することになるだろう。

 そうして、複数の思想の関係性が問われることになるだろう。
 そうして、状況と状態が問われる。
 この世界が問われる。
 この世界の状況と状態が問われる。

 修身斉家治国平天下。
 それぞれは単純にはつながらない。
 それぞれは、互いに関係し、あるいは反発し、世の中を廻している。
 それらの共同体において、無は、
 その共同体にとって価値を持つ無として、その意味を持つことになるだろう。

 そこに飛躍があり、
 飛躍が思想体系を形作る。
 その思想をもって、我と汝は、我々として生きることになるだろう。

 そこで、生きることそのものが問われるだろう。
 互いに生きることそのものが問われるだろう。
 例えば、怨みの連鎖を断ち切ることは、程度により要請されるであろう。
 例えば、共同体に反して、すべてを捨て去る方法が必要とされるであろう。
 その先で、思想が行き着かざるを得ない何かがあるのだろう。

 潔さ。
 命の選択が為される。
 生を愛するがゆえに、死を恐れない。

 美しさがある。
 それ故に去りがたく、それ故に去るに足るのだ。

 他に何がいるのだろうか。
 そのような言葉が呟かれる。

 その何かとは、何か?
 それはありふれたもの。
 それでも、かけがえのないもの。

 この世界において、
 かけがえのないもの。
 そう、見なしえるもの。

→ 次ページ「解説」を読む

ページ:
1

2

3

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1344

    2014-12-24

    『永遠のゼロ』を私はこう見る

     当サイトに、藤井聡氏のエッセイ「永遠にゼロ?」(2014年9月9日 三橋経済新聞掲載)に対する木下…

おすすめ記事

  1. 01
    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  2. 3087
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  3. 1559
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  4. 1101
     経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  5. 1902
    ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る