『夢幻典』[壱式] 有我論

03

「夢幻典」特集ページ

或るものが有ること。

 有る叫び。
 有ることの叫び。
 有ることゆえの叫び。

 言葉という複雑な仕組みの成立。
 その成立の前後を無視して、ここに語られる。
 有ることを讃える叫びが叫ばれる。

 有から有が生じる。
 有るものは有ることからしか生ぜず、決して無からは生じない。
 無から有が生じるならば、その無は、無ではなく、有である。

 この根拠に無を置くのなら、その無は、有である。

 無い、無い、と否定していき、いったい何がしたいのか。
 無い、と言うことにより、有ることを証明しているではないか。
 無い、と繰り返すことにより、何かが有ることを証明しているではないか。

 たしかに、そこには有の繰り返しが繰り広げられる。
 だから、ただ有るのだ。
 そこを誤魔化してはならない。
 なぜなら、それは思考における虚偽であるから。
 理(ことわり)から外れたことを語ることはできる。
 しかし、語ることができるということと、そうであるということは異なる。

 有る在り方が有り得る。
 これは、ただ有るということ。
 これ以外の可能性が考えられても、根本的にこれ以外は有り得ないということ。
 ただ、これだけが有るゆえに。
 これだけという限定を付けることが虚偽と見なされるほどに、
 ただこれが有るがゆえに。

 ただ、無慈悲に不条理に有る。
 無根拠に理不尽に、唯一無二の根源として根本が有るのだ。
 有が、有るのだ。

 根本の有において、すべては一であり、一はすべてである。
 しかし、そこに亀裂が走る
 有ることから生じる有が、有ることを分ける。

 一であった有から、複数の有が生まれる。
 一としての有は、言葉によって複数の有を生む。

 一は二に分かれる。
 一の有は、自己と世界に分かれる。
 自己と世界の同一から、自己と世界が分かれる。
 自と界が未分だった状態から、自と界が有るとして分かれる。

 梵我一如。
 ここにおいて、この教義に到達する。
 大宇宙の本源である梵(ブラフマン)。これは世界そのもの。
 個人の本体としての我(アートマン)。これは自己そのもの。
 梵と我は同一と見なされることになる。
 それゆえ、梵と我は世界観における両面として認識される。

 そして、一は多に分かれる。
 自己と世界は、他者を含むようになる。
 自己と世界において、他者が生まれる。
 自と他が未分だった状態から、自と他が有るとして分かれる。
 主体と客体の区別が生まれる。

 ここに言葉の成立と、
 言葉の成立によって隠されたものが有る。
 言葉によって残り、言葉によって失われるもの有り。
 自己と他者もまたしかり。
 心という言葉もまたしかり。

 言葉によって心が生まれる。
 ゆえに、言葉無しで心が想定されるようになる。
 心を拠りどころとして、心に至る。

 そして、自己と他者の違いが問われる。
 自己は認識主体であり、認識対象ではない。
 他者は認識主体ではなく、認識対象である。

→ 次ページを読む

ページ:

1

2 3

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2221

    2015-9-1

    神概念について ―ある越権行為のまえがき―

     神という概念は、宗教において最も重要なキーワードの一つです。神という概念を持たない宗教にお…

おすすめ記事

  1. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  2. 2325n
    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  3. 1559
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  4. 酒鬼薔薇世代
    過日、浅草浅間神社会議室に於いてASREAD執筆者の30代前半の方を集め、座談会の席を設けました。今…
  5. 01
    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る