ポケモンGO狂想曲

大人がバットマンに喝采する国

 「ポケモンGO」は2014年にGoogleが「やせいのポケモンを集めてくると採用」と題した、エイプリルフールのネタとして作った映像が出発点とされます。はじめは「ジョーク」だとしても、それを実現した米国と、できなかった日本には、コンテンツに対する認識の違いが横たわります。

■Google Maps: Pokémon Challenge
https://www.youtube.com/watch?v=4YMD6xELI_k

 CG技術が発達したいま、「特撮」という表現には語弊が含まれますが、米国は「スパイダーマン」「スーパーマン」「バットマン」など、何度も同じヒーローがリニューアルされ、ヒット作も生まれています。幼き日に胸躍らせた特撮ヒーローが、大人になってもスクリーンのなかで活躍しているアメリカ人。普遍のヒーローを受け入れる国民性に一神教の影を見つけます。

 対して日本は「秘密戦隊ゴレンジャー」からはじまった「戦隊もの」や「仮面ライダー」シリーズがあり、ほぼすべてが1年間のシリーズ放送で、毎年、新しいキャラクターが登場します。これは八百万の神の影響ではなく「オモチャを売るため」という大人の事情です。

 今年の戦隊モチーフは「動物」、前回は「忍者」、さらにその前は「電車」と、独立した世界観が設定されています。その結果、それぞれのヒーローは世代を超えた共通言語とはならず、シリーズ全体が「子供向け」とまとめられ固定化します。「ポケモン」も同じく、毎年のように新作がリリースされ、少年期に通過する子供向けゲームの定番と位置付けられています。そこから大人をターゲットとする「スマホゲーム(アプリ)」には不向きと判断されていたのでしょう。

 コンテンツに大人と子供の区別を付ける日本人とボーダーレスなアメリカ人。いまでも、戦隊ヒーローモノをこよなく愛する私としては負け惜しみが止まりません。

 とはいえ慶事は慶事。日本のモバイルコンテンツの「初勝利」です。鳴り物入りで米国市場に切り込んだものの、泣かず飛ばずの撤退ばかり。武士の情けで名前は控えますが「俺たち任天堂の倒し方を知っているぜ」と嘯いた社員がいたゲーム会社は、海外進出に失敗し、国内に閉じこもり、その国内でもじり貧にあえでいます。

ページ:
1

2

西部邁

宮脇 睦

宮脇 睦

投稿者プロフィール

一九七〇年生まれ。プログラマーを振り出しにいくつかの職を経た後、有限会社アズモードを設立。著書に『楽天市場がなくなる日』『Web2.0が殺すもの』(洋泉社ペーパーバックス)、の他、電子書籍で『完全ネット選挙マニュアル』を刊行。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-9-1

    神概念について ―ある越権行為のまえがき―

     神という概念は、宗教において最も重要なキーワードの一つです。神という概念を持たない宗教にお…

おすすめ記事

  1. 第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  2. 多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  4.  経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  5. ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

ページ上部へ戻る