漫画思想【02】嘘とまっすぐ ―『うしおととら』―

さとり「なァ・・・おまえ・・・ミノルは・・・目ェ・・・よくなる・・・かな?」
潮「・・・・・・ああ・・・」
さとり「そしたらよ・・・・・・オレを見てよ・・・お父さん・・・なんて・・・いって・・・くれるかなァ?」
潮「あったりまえだろ!」
さとり「えへへ・・・おめえ・・・やさしいなァ。ミノルみたいだよ・・・」

 言うのも野暮ですが、ここで潮は、嘘をついたのです。それに対してさとりは、「ミノルみたい」だと言ったのです。ここに妙味があります。ここには、繊細な心の機微があるのです。
 だからその嘘は「ミノルみたい」だからこそ、ミノルと同じ嘘でありながら、やはりミノルとは違う嘘でもあるのです。そのため、その絶妙な嘘のあり方の違いのために、ここで潮はミノルよりも大人になったと言えるのです。
 なぜなら、優しい嘘がつけること、それは、大人であるための最低限の条件だからです。

 公園での待ち合わせで、幼なじみの少女がやってきたとき、潮はブランコをこいでいました。勢いよくブランコから飛び降り、潮は少女へ、嘘をついてしまったことを告げるのです。潮は笑います。自分が嘘をついてしまったのだと。
 その後、彼は少女へ寄りかかり、泣き始めます。そんな潮に少女は驚きますが、顔をグチャグチャにして泣き続ける潮を黙って見つめ、潮の頭へ手をそっと置くのです。
 ここには、少年や少女が大人になるということが、どういうことなのかがしっかりと示されています。

裏切りの刻

 さて、三つ目のエピソードは第四十七章「混沌の海へ」です。
 ここで登場するのは、「秋葉 流(あきば ながれ)」という人物です。ナガレは、対妖怪集団の中でもずば抜けた能力を持った法力僧であり、柔軟な思考と強靱な肉体を有する天才です。ナガレは、潮たちと何度か共闘し、潮の良き兄貴分ともいうべき存在でした。しかし、最後の敵との決戦において、彼は潮を裏切って敵側に付くのです。
 彼は幼いころから、まわりの人たちとは違って何でもできてしまいました。他人が努力しても、いつも自分が勝ってしまうのです。そのため周囲の反感を受け、才能を発揮することで孤立していきます。そんな彼は、一つの結論を出します。それは、本気を出してはいけないということです。それは、恐ろしいことです。なぜなら、本気を出さないということは、努力も達成感も悔しさも嬉しさもないということだからです。彼は、自分は人生を楽しんではいけないとまで言うのです。
 そんな彼ですが、潮に出会い、とらに出会ったのです。かつて彼がとらと戦ったときは、本気を出して敗れています。そこから彼はとらに執着し、敵側に付いてまでとらとの真剣勝負を望むようになります。
 彼は、とらへ告げます。潮のあの甘ちゃんの目が、どんな時でも自分を信じ切っている目がうっとうしいのだと。自分の正体を知ろうともしない、表面だけのコトバに騙されているアホウなのだと。だから、とらを殺して、自分が最悪の裏切り者だと気づかせてやるのだと。
 それに対し、とらは、ナガレは潮の目に耐えられなかっただけだと指摘するのです。潮が見ているように、自分はそんなイイヤツではないのだから・・・。

ナガレ「怖がる・・・・・・オレがうしおを怖がってるだと・・・・・・・・・違うぜ・・・オレはうしおに本当のオレをバラしてやりてえのよ・・・とら・・・おまえをぶっ殺してなァ。」
とら「そうかよ、わしにゃ聞こえるぜえ。おまえの中から声がな。うしおォ、おまえの目が、重荷なんだよォってな。うしおが本当のおめえをしらねえのが・・・天才でもつれーかよ!」
ナガレ「天才じゃねえええ! オレは天才なんかじゃねええ。」

 戦いが終わり、ナガレは語ります。潮ととらと出会い、本気になり、本気すぎて、潮の目をまともに見られなくなったのだと。潮みたいな人間がいることが、こんな世の中で潮みたいな人間がいたことが、彼には耐えられなかったのです。
 彼の存在は、第十七章のヤクザ者の徳野とは対照的です。まっすぐな目は、ある時はねじ曲がった人生をまっすぐにしました。そして、ある時は人を耐えられなくしてしまったのです。
 このナガレという人物の裏切りは、人によって印象が違うと思われます。ある人にとっては、かなり唐突な展開であり、その心情も含めて理解不可能なのかもしれません。ですが、ある種の人にとっては、主人公である潮よりも共感してしまうのかもしれません。このナガレという登場人物を描き切ったところに、この作品が類い希な傑作になった理由の一つがあるのです。


※次稿「漫画思想【03】彼の戦う理由 ―『からくりサーカス』―」はコチラ
※本連載の一覧はコチラをご覧ください。

ページ:
1

2

西部邁

木下元文

木下元文

投稿者プロフィール

1981年生。会社員。
立命館大学 情報システム学専攻(修士課程)卒業。
日本思想とか哲学とか好きです。ジャンルを問わず論じていきます。
ウェブサイト「日本式論(http://nihonshiki.sakura.ne.jp/)」を運営中です。

【ASREAD連載シリーズ】
思想遊戯
近代を超克する
聖魔書
漫画思想
ナショナリズム論

Facebook(https://www.facebook.com/profile.php?id=100007624512363)
Twitter(https://twitter.com/moto_nihonshiki)

ご連絡は↓まで。
nihonshiki@nihonshiki.sakura.ne.jp

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-3-2

    メディアとわれわれの主体性

    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…

おすすめ記事

  1. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  2. 「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  3. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  4.  アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
  5. ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る