アベノミクス復活の条件

3219

※この記事は「チャンネルAJER」様より記事を提供いただいています。
 他の記事も読むにはコチラ

3本の矢というキャッチで世界中から期待を集めていたアベノミクスだが、国の内外から厳しい見方が広がっている。IMFの見通しでは、日本の2017年の実質GDP成長率はマイナス0.1%と予測した。日本経済新聞社はエコノミスト44名(機関)の実質GDP成長率予測を集計し平均を求めている。それと今年1月に出された内閣府の予測とを比較したのが次の表である。

実質GDP成長率     2015年度  2016年度   2017年度
内閣府予測       1.2%    1.7%    0.6%
エコノミスト予測    0.70%  0.93%  −0.01%

通常、内閣府の予測は実際を大きく上回り、エコノミストの予測の平均の方が、実際に近いと思われる。内閣府のモデルだと2020年度には名目GDPは592兆円に、2021年度には614兆円になるのだが、これを見て安倍総理は2020年頃600兆円にするという目標を打ち出した。しかし、内閣府のモデルは「大本営発表」であり、いつも超楽観的な数字が並んでいて、時間の経過と供に化けの皮がはげ落ちる。

もし、エコノミストの予測が正しいとすると3年間ですでに2%くらい下方修正されており、これを織り込むと2020年度には581兆円にまで下方修正される。これまでの経験からして、実際のGDPはもっと低い水準に留まるのではないかと思う。

IMFも日本の成長率は世界の中で際だって低いと予測する。2017年4月に予定されている消費増税が重荷になるためとしている。それでも2017年の消費増税は予定通りせよと主張する。日本経済は停滞させるべき、日本を貧乏にして日本人を苦しめよと主張するのだろうか。そんな目的で経済学が使われるのであれば、経済学などいらない。経済学が価値があるとすれば、それは国を発展させ、国民を豊かにする方法を提案できる場合である。
今、増税・歳出削減で財政を黒字化すれば、将来は国が発展するのだという説がある。しかし、経済モデルを使って計算すれば分かるが、増税・歳出削減によって今、国を貧しくすれば、将来も貧しくなる。決して国の借金は減ることは無い。これは小泉内閣以降、経験によっても理解されてきたことだ。

減税を含む景気対策を行っても効果は一時的であり、それを止めれば元に戻るという説がある。しかし、それを止める必要はなく、景気が本当に回復しむしろ過熱する程度まで続ければ、元には戻らない。しかしそこまで景気対策を続けたことは過去に一度もない。景気が本格的に回復した世界は全く別次元の世界だ。その世界では需要がどんどん拡大していき、企業はそれに対応して人を雇って設備投資をし、生産を拡大すると利益も拡大する。
銀行に寝かしておいた資金を設備投資に回せば、利益が拡大するなら、カネの流れが全く変わってくる。人口減少の日本で需要が拡大するわけがないと反論する人がいるかもしれない。しかし、減税すれば消費は伸びる。政府が人工知能、IoT,医療、介護、保育、教育、公共事業等に投資を拡大すれば、需要は伸びる。人手が足りなくなると反論するかもしれない。

小野盛司

ajer_banner

西部邁

チャンネルAJER

チャンネルAJERAJERcast/channelAJER

投稿者プロフィール

AJERcastは、channelAJERが運営する、政治経済専門Web放送サイト(AJERcast)です。
AJERcastでは、政治経済専門の情報番組を放送しています。

■当チャンネルの理念と目的■
◎目的
 デフレからの脱却と更なる日本経済の発展を目指す。
 東日本大震災からの復興財源確保の道筋を示し、
 国の政策に反映させるべく務める。

◎理念
 日本経済の成長発展を願い、国に対しマクロ経済学の視点から、
 財政金融政策への提言を積極的に行う。
 ①日本の国体を守るとの視点で提言を行う。
 ②公の機関や企業組織に対し、独立不羈の立場で提言する。
 ③日本の発展を毀損すると思われる発言に対し、
   積極的に議論を挑み、我々の旗幟を鮮明に示す。
 ④『日本のもの造り』を支援し、雇用の拡大と安定に努める。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 酒鬼薔薇世代

    2014-6-20

    【激論!酒鬼薔薇世代】私たちはキレる世代だったのか。

    過日、浅草浅間神社会議室に於いてASREAD執筆者の30代前半の方を集め、座談会の席を設けました。今…

おすすめ記事

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 1559
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  3. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  4. 2903
     お正月早々みなさまをお騒がせしてまことに申し訳ありません。しかし昨年12月28日、日韓外相間で交わ…
  5. 酒鬼薔薇世代
    過日、浅草浅間神社会議室に於いてASREAD執筆者の30代前半の方を集め、座談会の席を設けました。今…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る