若者のデモはメディアの消耗品

2273

※この記事は月刊WiLL 2015年9月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ

ギャルが反戦デモ

 国会前の交差点で毎週金曜日に行われる「安保法制」への抗議集会が、大きな話題になっている。
 主催者は「SEALDs」(シールズ/自由と民主主義のための学生緊急行動)。アメリカ海軍特殊部隊の略称「(Navy)SEALs」に限りなくスペルが似ているが、全く違う団体だ。
 テレビ朝日「報道ステーション」を筆頭に、各種メディアがこぞってその街宣や抗議活動の模様を伝えている。七月十七・二十四日号の『週刊ポスト』では、この「SEALDs」に関して「安倍総理がSEALDsを非常に気にしている」として取り上げたほどだ。
 新聞も同様だ。
〈未来のため声上げる 学生「許せない」〉(東京新聞、六月二十五日付)
〈SEALDs 「まじおかしい」が原動力 安保法案反対 大きなうねり〉(東京新聞、七月十二日付)
〈安保関連法案に反対する大規模な抗議行動が始まった。催したのは都内の大学生らによる「SEALDs」だ〉(朝日新聞「天声人語」七月十二日付)
 など、できたばかりの学生団体をかなりの頻度で取り上げている。
 一方、札幌では、六月二十六日に「戦争したくなくてふるえる」と銘打った「安保法制」反対デモが行われた。主催者は十九歳の女性フリーターで、その容姿から「ギャルが主催した戦争反対デモ」として地元紙「北海道新聞」はもとより、地上波各局もその模様を追った。「ニュース23」などは五、六分放送していた。
 なぜ、既存の大手マスメディアは「SEALDs」や「ふるえる」デモを競うように大きく取り上げるのか。
 七月十日、私は、「SEALDs」が主催する国会前の抗議集会を見に行くことにした。東京メトロ国会議事堂前駅を一歩地上に出ると、黒山の人だかりである。
 この日は、「SEALDs」の抗議集会では過去最大級の参加者となった。毎日新聞は翌日、その数を「主催者発表で一万五千人」と伝えた。しかし、国会前の狭隘な歩道を占有して行われたこの抗議集会の参加者は、どんなに多くても四千~五千人というところだった。五千人でも多いことには変わりないのだから、明らかに事実とは違う水増しには感心しない。
 私は警察官らに守られた抗議集会の最前列に進んだ。やはり「SEALDs」は学生緊急行動と銘打つだけあって、圧倒的に若い。
「SEALDs」の創設メンバーで実質的なリーダー格である奥田愛基さんは明治学院大学四年生で、二十二歳。その周りを取り囲むメンバーたちも、一様に二十歳前後の大学生だ。
 特に前面に出ている女子大生メンバーの姿に、私の目が眩んだ。普通にキャンパスを歩いていたら、十中七、八の割合で「可愛い」と思うような子たちばかり。男子大学生らも、若い大学生がよく読むファッション誌『smart』のスナップに出てきそうな小綺麗な格好をしている。
 私の大学生時代がなまじ陰惨で憂鬱だっただけに、彼らの醸し出す雰囲気には嫉妬すら覚えるほどだし、その洗練性は右派の集会にはないものだ。

貧困な語彙

 しかし、肝心の彼らの放つ言葉の語彙は貧困だ。奥田さんがマイクを片手に「I say ABE, You sayヤメろ!」「なんか自民党感じ悪いよね!」とラップ(調)を始めると、それに呼応してメンバーがオウム返しを始める。
 彼らなりの高度な政治的主張や演説を期待していたが、そのような展開はほぼない。むしろ理論的主張は幕間に登壇する文化人や民主党議員、憲法学者らが補完している。
 六月二十七日に行われた渋谷での街宣活動も、共産党の志位和夫氏や山本太郎議員が登壇する一方で、「SEALDs」のメンバーはスマートフォンを片手に、ポエム調の反戦詩を読みあげる場面が散見された。
 たしかに、彼らが憲法について無知なわけではあるまいし、相応の勉強もしているだろう。表情にはたしかに真剣さを感じる。「それが若者の表現」と言われればたしかにそうなのかもしれぬ。しかし、「(安倍)ヤメろ!」「(自民党)感じ悪い」と歌われても、私の心には何も残らなかった。
 重要なのは、主催者である「SEAL-Ds」はたしかに若いが、その周りをぐるりと取り囲む聴衆は「SEALDs」とは明らかに異なっている、という点だ。
「SEALDs」の抗議集会に集まっている主力は、明らかに四十代以上の中高年である。
「SEALDsの抗議集会に一万人が参加した」という報道は「SEALDsの抗議集会にSEALDsと同じような年齢の若者一万人が参加した」という印象を与えるが、これは全く事実ではない。「SEALDsの抗議集会を中高年一万人が見物した」というのが正解だ。

→ 次ページ「若者は無垢?」を読む

ページ:

1

2 3

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2918

    2016-1-7

    世界一「同質的」な日本の大学生たち ~なぜ大学から多様性が消えたのか~

    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…

おすすめ記事

  1. 2325n
    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  2. 1559
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  3. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  4. 1162
     現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  5. 1101
     経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る