伊集院病棟へようこそ?―ドクター非モテの非モテ教室(その六)

夢は信じていれば叶う!(希望)

:伊集院はこの「自ギャグの詩」の主旨を繰り返し、「自分の過去のトラウマを語って、ネタにしよう、笑ってもらおう」というものであると説明しているの。

助手:トラウマ暴露大会、ってワケ?

:そうね……事実、このコーナーのオチでは、投稿者が(葉書に書いた事件をきっかけに)「伏し目がちの人間になった」、「ネガティブという言葉が似合う人間になった」とか書いていることが多いの。

博士:せ……精神分析学が正しいと申すか?

:別にそこまでは言わないわよ。逆に彼らが「トラウマ体験が性格を作るといった、精神分析学的人間観を引き寄せて、そのような解釈をしてしまってる」とも取れるわ。
 でも、このコーナーにおいて、伊集院はそうしたトラウマを笑いに「昇華」することで、乗り越えさせようと試みている。
 そして――ここまでで充分劇的なんだけど、この一ヶ月後、同コーナーで更に衝撃的な投稿が紹介されるわ。『小学四年生』に「ワープハットで行ったり来たりの巻」が載った、という――。

博士・助手:な、なんだってーーーーーっっ!!??

:この放送を、当時『ザ・ドラえもんズ』*2を連載していた漫画家さんが聞いていたの。それで、本当にそのエピソードを描いてしまったのよ。

助手:( ;∀;)イイハナシダナー

:十数年の時を超え、嘘から真が出ちゃったわけね。この漫画家さんはこの件を、「供養みたいなものだ」と表現していたの。そう、まさに「自ギャグ」は子供の頃の自分を「供養」するためのコーナーだったと言えるわね。

博士:ふむぅ……一応、お前さんの言いたいことはわかったが、それと冒頭の「三人くらいで流行ったブーム」は何ら関係がないではないか?

:わからないの?

助手:わ……わからないよ……。

:伊集院は、そして伊集院リスナーの多くは、「大人びた子供」だったの。

博士:だから?

:だからこその、「幼児プレイ」よ。伊集院リスナーは、「まだ遊びたい」の。「大人びた子供」が成長して、「大人びた自分を自覚し、そのリミッターを外す機知を身につけた」から、「また遊ぼう」としている。それが、伊集院のラジオなの。

助手:「子供の頃のリプレイ」による癒し――まあ、萌え文化が「青年期のリプレイ」なのに近いよね。

博士:待て待て! 最後の方、ちょっと結論を急ぎすぎておるぞ! その「大人びた子供」云々の証拠、出してもらおうか!

:そうねえ……この「自ギャグ」コーナーを聞いていくと、そうした子供時代を述懐するものが頻出するんだけど……。

博士:それはまた、また次回、というわけじゃな?

:作者のエロゲームのスケジュール次第ね。

助手:だから、そういう作者の恥を強調しなくても……。

*1 今回もコーナーネタなどについては「深夜の馬鹿力データベース(http://ijuinmania.blog84.fc2.com/)」などを参考にさせていただきました。
*2 1998年当時、藤子・F・不二雄先生は既に他界。『ドラえもん』の番外編漫画とも言うべき『ザ・ドラえもんズ』が元・アシスタントの筆で連載されていました。「ワープハット――」はこの投稿の放送日から類推するに、98年10月号に載ったものと想像できます。

ページ:
1 2

3

西部邁

兵頭新児

兵頭新児

投稿者プロフィール

アキバ系ライター。
主著に『ぼくたちの女災社会』
女性ジェンダーが男性にもたらす災いとして「女災」という概念を提唱。
ついついフェミニズム批判ばかりをしていますが、自分では「男性論」、「オタク論」がフィールドだと思っています。
ブロマガ「兵頭新児の女災対策的随想、兵頭新児の女災対策的随想(http://t.co/gpKQJTszv9)」もよろしく。
ご連絡はshin_2_h@ybb.ne.jpまで。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2016-3-10

    「マッドマックス」は単純なフェミニズム礼賛映画ではない

    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…

おすすめ記事

  1.  アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
  2. 第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  3. はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  4. ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  5. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る