国民生活が第一、国民が失った所得を取り戻せ!

そもそも貴方にとって景気回復とは何ですか。

やはり景気がよくなって収入が増えることでしょう?

ズバリ、結論から申します。「夢のまた夢」のような話ですが、国民一人当たり毎月3万円を10年間配ることです。日本の人口1億2700万人として、年間45兆7千億円を10年間で457兆円ということになります。所謂、悪名高い?ヘリコプターマネーです。

財務省資料(国債発行額の推移)によればは1997~2014年に約645兆円の国債を発行して、国(政府)の借金は約661兆円(368.5兆円→1029.9兆円)も増加させた。この間一部の富裕層の懐を豊にしたが、国民全体の収入低下の総額は650兆円になります。国民の立場から言えば、国(政府)は巨額の金を使って借金をしたが、国民の懐をふやすどころか逆に大幅に減らしてしまった。

そして、財務省は言うに事欠いて「この借金はやがて税金で返さなければならず、公債発行による借金は、将来世代への先送りにほかなりません」と言ってきた、そして消費税の増税です。こんな馬鹿げたことがありますかね(笑)?

この20年間膨大な借金をつくりながら、景気は回復せず国民の懐を貧しくすることしかできなかった。だったら、直接国民に金を配った方がましじゃないか、違いますか? 国民一人当たり月額3万円を10年で457兆円ですが、国民がこの20年間で失った650兆円の70%です、控え目な数字ですよ(苦笑)。

僅か月額3万円ではありますが、月額5、6万円の国民年金だけでは生活できず、生活保護以下の生活を余儀なくされている高齢者の生活者も少しはまともな生活ができるでしょう。
シングルマザーの子育てに四苦八苦されている家庭にも少しはゆとりができるはずです。

この20年間に失われた収入(需要)を取り戻すことが出来るはずです、それ以外に景気回復の有効な手段はありません。いくら大企業中心のサプライサイド(企業サイド)を優遇しても、需要を喚起することはできないことはアベノミクスが証明している。
本来なら、金持ちたちに更に金を配るのは泥棒に追い銭みたいなものですが、一人ひとりの金融資産が正確に把握されていない現状では、すべての国民に平等に配るしかない。

財源は、政府マネーの出動です。これについては異論があることは百も承知しています。
現状でさえ、毎年40兆円以上の公債金(国債の発行)で、予算を補っています。このままだとこの公債金は際限なく拡大していきます、つまり借金は歯止めなく拡大していきます。借金を増やしつつ消費税増税による景気悪化が同時進行すれば、その行きつく先はハイパーインフレしかありえない。

金に色はついていない、公債金も突き詰めれば元はと言えば政府マネーです。

安倍さんよ、
「国民の所得が激減している。それを取り戻し、生活第一を考えたらどうですか」。

富裕層の人たちは、これっぽちの金でも使わずに預金にまわすかもしれませんが、普通の高齢者から若い世代にいたるまで金額は小さくとも余裕のある資金になるはずです。この資金で2か月に一回は国内旅行が楽しめる、観光地も活気を取り戻せるだろう。これで国民の総消費支出は一気に回復し消費税収も増加するし、日本経済は需要が拡大しデフレは解消、景気は回復するでしょう。

蛇足1、

「きっこのブログ」2014/10/10に、安倍首相のバラマキ外交について次のような記載があった。これだけの金をバラマキながら、国民に金をバラマケないはずがない。

「世界にお金をバラ撒き続ける安倍首相」

中国、300億円  モザンビーク、700億円  シリア、3060億円
ラオス、90億円  ASEANにODA、2兆円  インド、3兆5000億円
インドの円借款、2000億円  ミャンマー、600億円  ミャンマーの債権免除、2兆3000億円  パプアニューギニア、200億円 ウクライナ、1500億円
バングラデシュ、6000億円  中東支援、55億円 ベトナム、1兆4000億円
北朝鮮、2兆円  アフリカ、3兆円 エボラ出血熱の支援、50億円 
アメリカにリニアの建設費用、5000億円 
円安にするためのアメリカ国債、50兆円 世界銀行、5000億円
途上国支援、1兆7400億円 

・・・、合計で68兆3955億円だ。そして、この他にも、年間に約1850億円もの「思いやり予算」を米軍に上納し続けているワケだし、他にも細かいバラ撒きを数えあげたらキリがない。

蛇足2、

国(政府)の借金:改めてGDP比について述べておきたい、

先ず、昨年12月29日の筆者の記事「他がために金は成る?ーデフレは財務省主導?ー」のなかで取り上げた経済成長率と国債の利率の関係を示す表を再掲します。 

成長率の長期的推移 & 国債の利率の推移

       平均(GDP)成長率   普通国債の利率(加重平均)
1974-85年度:   3.9%         (7.08~7.64%)
1986-90年度:    5.0%         (6.10~6.81%)
1991-95年度:    1.4%          (4.64~6.05%)
96-2000年度:   0.8%         (2.67~4.33%)
2001-05年度:   1.3%          (1.42~2.30%)
2006-12年度:   0.2%          (1.19~1.43%)

経済成長率よりも国債の利率のほうが常に高い関係にあり、しかも当たり前のことですが、経済成長率が高いほど国債の利率が大きくなっています。

これは、景気が良くなればなるほど、利率が上昇し利払い費(借金)が嵩むことを意味します。

日本株式会社は借金が肥大化(借金>GDP)し過ぎたために、景気回復した場合の収入(名目GDP)の増加分よりも、借金の利率による利払い費の方が大きくなる構図ができあがっていることを意味します。

従って、財務省としては当面、景気回復を望まず(極力ゼロ金利を維持して)、抱えている借金が金利で増殖しないようにしているものと思われます。

2014年12月末時点の国(政府)の借金は1030兆円です。2014年のGDPは約488兆円(推測値)です、国(政府)の借金はGDP比211%になります(OECDは232%)。このGDP比は今後さらに拡大していきます。

GDP比(借金/GDP)を小さくするためには、GDPを大きくするか借金そのものを小さくするしかありませんが、上述の通りGDPを大きくする選択肢(景気回復策)は既に失われてしまっている。

無論これだけ肥大化した借金を小さくする手段はありません。借金をなくすには、行き着くところま行って(国債が暴落して)、戦後の日本のように「ご破算で願いましては」とゼロからやり直すか、

もしくは、

誰も語らない語れない不都合な真実、財政破綻」のなかで述べた『国の借金をチャラにする方法』及びそれに準じた手段以外にない。きれいごとを述べている場合じゃないのである。

ページ:
1

2

西部邁

いかりや爆

投稿者プロフィール

昭和10年生まれ、まもなく傘寿を迎える怒れる市井の老人です。現役時代は主として海外事業に携わり、経済の現場で為替に翻弄(固定相場の360円時代→プラザ合意→超円高)されたサラリーマン生活を送った。現在、ブログ「いかりや爆氏の毒独日記」を時折執筆中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2016-3-14

    やくざ国家・中共に日本はどう対峙すべきか(その1)

     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…

おすすめ記事

  1. 多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  2. ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  3. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  4. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  5. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る