『シン・ゴジラ』は『ゴジラ対フェミニスト』である。

 こうして見ると、杉田氏の憤りの実態が見えてきます。
「頑張ってPCに則り、女性を出したつもりだろうが、その出し方は極めてホモソーシャルであり、適切ではないぞ」というのが彼の言い分なのです。
「女性ジェンダー」を発揮させれば「漫画」になってしまう。
「女性ジェンダー」を封じると一応、リアルにはなるが、そこで直ちに男性に受け入れられるわけではないので、「透明人間」になってしまう。
 本作は「ゴジラ対透明人間」であったのです。

「どっちにしろ女性が仲間外れになっていることには変わりない、さあ、どうしてくれる、謝れ」とでも、杉田氏は言いたげです。
 しかし、それに対しては「そんなのしょうがない」という答え以外、ない気がします。
 これは映画の作り手たちからの「ジェンダーフリー論者」に対する、問いかけでした。
 そこからは「何でもかんでも男女共生がいいというものでもないのでは?」「石原さとみのような女性ジェンダーの発揮の仕方ができるのは、漫画の中だけのことでは?」「逆に市川実日子のようなジェンダーレスな状態がお好みか?」とでもいった声が、聞こえてくるかのようです。
(いえ、「ジェンダーフリー的価値観」のムチャ振りに対応するうち、このようなものができ上がってしまった、というのが順番でしょうが)
 ここには、女性にまつわる「夢と現実」があまりにもストレートに画面に出てしまっています。
 本作は「現実対虚構」、即ち「リアル対漫画」だったのです。
 上に紹介したまとめでは杉田氏を「いかにも旧態依然とした、悲鳴を上げるだけのヒロイン的女性」を求めている「女性差別主義者」として断罪しているコメントが並びましたが、それは全く違います。杉田氏は誰よりもフェミニストの価値観を内面化していました。彼の声は、石原さとみと市川実日子の間で揺れているフェミニストが、彼の舌を借りて叫んだものであったのです。
 ここで福島瑞穂氏が(自分はセクハラの疑われる鳥越俊太郎氏を支持しておきながら)小池百合子氏を「女装してても中身がタカ派の男性」と評した件を思い起こしていいかも知れません。
 ぼくたちは杉田氏を「旧態依然とした女性差別主義者」ではなく「ムチャ振りばかりするフェミニスト」として批判しなければならないのです。

 実は本作にはもう一人、印象的な女性が登場します。ホンの一瞬の出番ながら、職員たちに食事を配る食堂のおばちゃん役で、片桐はいりが出演していたのです。先に石原さとみを女性ジェンダーの体現者と形容しましたが、とは言え彼女はキャリアウーマンであり、「女性の性役割を果たした」という意味でなら、実のところ本作で唯一、女性ジェンダーを発揮していたのは彼女であった、とも言えます。その意味では、まさに彼女は本作の唯一のヒロインでした。
 しかしフェミニストが片桐はいりをこそ評価するかとなると、それはみなさんご承知の通り。
 本作は実は「ゴジラ対フェミニスト」でした。
「ゴジラはやっつけられるけどフェミニストたちのダブルスタンダードをやっつける術はないよ」というのが本作のテーマであり、実のところ杉田さんはまさにそこを的確に見切っていたのです。

『レッドマン』をご覧になりたい方はこちら↓↓
https://www.youtube.com/user/tsuburaya

ページ:
1 2

3

西部邁

兵頭新児

兵頭新児

投稿者プロフィール

アキバ系ライター。
主著に『ぼくたちの女災社会』
女性ジェンダーが男性にもたらす災いとして「女災」という概念を提唱。
ついついフェミニズム批判ばかりをしていますが、自分では「男性論」、「オタク論」がフィールドだと思っています。
ブロマガ「兵頭新児の女災対策的随想、兵頭新児の女災対策的随想(http://t.co/gpKQJTszv9)」もよろしく。
ご連絡はshin_2_h@ybb.ne.jpまで。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 酒鬼薔薇世代

    2014-6-20

    【激論!酒鬼薔薇世代】私たちはキレる世代だったのか。

    過日、浅草浅間神社会議室に於いてASREAD執筆者の30代前半の方を集め、座談会の席を設けました。今…

おすすめ記事

  1. 「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
  3.  現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  4. 多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  5. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る