全国6000店も存在する100円ショップの激しい攻防

※この記事は「チャンネルAJER」様より記事を提供いただいています。
 他の記事も読むにはコチラ

100円ショップのルーツは、1926年(大正15年)、高島屋の「なんでも十銭均一売場」。その後1932年(昭和7年)にかけて独立型の店舗50店を大阪・京都・名古屋・東京周辺に展開し、大好評を博したという。

1985年3月に有限会社ライフの創業者・松林明が愛知県春日井市に日本初の固定店舗による100円均一店をオープンし「100円ショップ」と命名して販売を開始。その後、大創産業(「ダイソー」)の創業者、矢野博丈が商品の品質をアップする。

全国にある100円ショップは、およそ6,000店。節約志向の波はあるものの、商品の多くは、中国など海外で大量生産しているだけに、円安などで仕入れ価格が上昇し、厳しい環境に突入している。100円ショップと言えば、ダイソー。2014年の売上は3763億円。店舗数は国内2800店、海外25ヵ国で840店に達している。まさに別格の存在である。

2位はセリアで売上高は1090億円、3位はキャンドゥで635億円、4位はワッツで436億円。商品を1個販売した時の利益は、セリア9.3円、キャンドゥ2.3円、ワッツ4.0円で、セリアが抜けている。1店当たりの売上高は、セリア26.4万円(2014年3月)、キャンドゥ25.6万円(2013年11月)、ワッツ11.8万円(2014年8月)。また、店舗の資産価値はセリアが1300万円、キャンドゥが1600万円、ワッツが300万円。ワッツが低いのは、「ローコスト出退店」をするためだ。

セリアの特徴は「女性」。生活雑貨やインテリア小物などは、とにかく、「かわいい」し「おしゃれ」。ひとつひとつの商品を見ても「女性視点」が感じられる。通路も広く、ベビーカーの赤ちゃん連れも目立つ。加えて、商品開発力があるから、月間で500~600商品が入れ替わる。そのため、来店頻度も高い。

キャンドゥは、いわば、昔風の100円ショップ。売場の変化がないから探しやすいが…。特に特徴がない。

ワッツのコンセプトは「ローコスト出退店」。近くにダイソーが出店してきたら、即、店を畳むという作戦。いわゆる、ブルーオーシャン戦略だ。

セリアは、2015年3月期の出店は110店だったが、2016年は130店の計画で、今期末1250店になる。最近は、東京、大阪など大都市圏の商業地を中心に出店している。商品開発力が続けば、ダイソーからみて侮れない存在になるかもしれない。あとは、ミート(追随)された時の二の手三の手を準備しておくことだろう。

キャンドゥは1000円雑貨店「オホホ」を早期に100店体制にする予定だが、昔から1000円ショップはあるが、成功したことはないだけに心配。ワッツはセリアをお手本にPOSシステムを導入。今までは主婦が中心だったが、若い女性もターゲットにする。しかし、POSは後追いだし、ターゲットは、どこも同じだけにどうだろうか?また、100円、300円、500円の3つの価格帯の商品を扱う「threege スリージ」を展開する。これも円安対策だが、漫然と増やすのではなく、絞り込みがポイントになる。

今後の100円ショップは、
1.ターゲットは女性だったが、今後は男性という手もある。
2.今までは食品が少なかったが、今後は食品の100円ショップが登場するかも。
3.コンビニのように地域限定品が登場するのではないか?

いずれにしても、競争激化が続く目の離せない業界だ。

(株)ナンバーワン戦略研究所 矢野新一

ajer_banner

西部邁

チャンネルAJER

チャンネルAJERAJERcast/channelAJER

投稿者プロフィール

AJERcastは、channelAJERが運営する、政治経済専門Web放送サイト(AJERcast)です。
AJERcastでは、政治経済専門の情報番組を放送しています。

■当チャンネルの理念と目的■
◎目的
 デフレからの脱却と更なる日本経済の発展を目指す。
 東日本大震災からの復興財源確保の道筋を示し、
 国の政策に反映させるべく務める。

◎理念
 日本経済の成長発展を願い、国に対しマクロ経済学の視点から、
 財政金融政策への提言を積極的に行う。
 ①日本の国体を守るとの視点で提言を行う。
 ②公の機関や企業組織に対し、独立不羈の立場で提言する。
 ③日本の発展を毀損すると思われる発言に対し、
   積極的に議論を挑み、我々の旗幟を鮮明に示す。
 ④『日本のもの造り』を支援し、雇用の拡大と安定に努める。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-7-24

    ラムズフェルド回顧録

    「真珠湾からバグダッドへ ラムズフェルド回想録」書評  政治家と政治学者。  ともに政治に対…

おすすめ記事

  1.  アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
  2. 「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  3. ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  4. 多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  5. ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る