【書評】この出会いが世界を変えた。サントリー史上最強のふたり

2127

※この記事は「まぐまぐニュース!」様より記事を提供いただいています。
 記事原文はコチラ / 他の記事も読むにはコチラ

今回の「3分間書評」で取り上げるのは、芥川賞作家・開高健氏と、彼を社員として雇い入れ、二人三脚で会社を育てたサントリーの佐治敬三社長の絆を描いた1冊。2人の奮闘ぶりはもちろん、マッサンとの確執などサントリーの裏面史などもつづられている極上のノンフィクションを『毎日3分読書革命! 土井英司のビジネスブックマラソン』からご紹介いたします。

『佐治敬三と開高健 最強のふたり』  北康利・著 講談社

こんにちは、土井英司です。

よく、「人生にムダはない」と言われますが、人との出会いほど、それを痛感させてくれるものはありません。

就職で失敗したおかげで生涯のメンターに出会ったり、離婚したおかげでベストパートナーに出会ったり、これまで読んだ本、周りの人の話だけをとっても、枚挙に暇がありません。

本日ご紹介する1冊は、そんな運命を変える出会いの中でも、極上のエピソードを、気鋭の作家がつづった1冊。

対象となったのは、佐治敬三と開高健。

生産量世界一のウイスキーを作ったサントリーの二代目社長、そして同社のコピーライターとして数々の伝説を築き、在職中に芥川賞を受賞した天才作家の心の交流が、名著「白洲次郎 占領を背負った男」の著者、北康利さんによって、見事に描かれた作品です。

良いノンフィクションというのは、本当に読み終えるのが惜しいほどの楽しみを与えてくれるものですが、本書もまたそんな1冊。

若い頃、養子に出され苦しい青春時代を送り、後に父の仇を取るべく勝算なきビール事業に挑んだ佐治敬三。

ベトナム戦争の最前線に身を投じ、生涯うつに悩まされながら、次々と名作をつづった開高健。

一世を風靡したトリスウイスキー、伝説のPR紙『洋酒天国』、世界一の大ヒットにつながったサントリーオールド…。

2人の友情によって作られた事業はことごとく当たったのですが、本書ではそこに至るまでの関係者の苦悩と努力が描かれています。

本書では脇役となる、「神谷バー」の仕掛け人にして当時日本最大のワインメーカー神谷酒造の神谷伝兵衛、阪急東宝グループ総帥の小林一三など、粋な人物が何人も登場し、物語に華を添えています。

何よりワクワクするのは、才気あふれる人材が次々と集まり、サントリーを盛り立てていく様子。

経営者ならきっと、こんな会社を作りたいとジェラシーを感じてしまうのではないでしょうか。

サントリーと竹鶴政孝との確執や、佐治敬三が養子になったいきさつなど、サントリー裏面史についても書かれていて、いろんな意味で楽しめる1冊でした。

→ 次ページ「ビール事業黒字化の決め手となった開高のアイディアとは?」を読む

ページ:

1

2

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1152

    2014-10-15

    何のための言論か

     言論とは、話したり書いたりして思想や意見を公表して論じることです。公表して論じるというその性質上、…

おすすめ記事

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 01
    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  3. 1719
    ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
  4. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  5. 1101
     経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る