震災となると、「政治的な有象無象」が目の色変えて飛びついてくる件

3201

熊本の震災にまつわる「ジェンダー」関連の悲報

 熊本の地震に関しては、現在進行形で様々な流言飛語が飛び交っています。
 ツイッターでは「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ」といったデマもつぶやかれました。言うまでもなくこれは関東大震災の時のデマに倣った「ネタ」だろうとは思いますが、だからといって許されないものであることは自明です。
 そんな中、ぼくの目を引いたのは、とあるフェミニストのつぶやきでした。

自衛隊が、救援活動の代償として女の“奉仕”を要求する、あるいは、自衛隊が積極的に要求してなくとも、共同体の側から“察して”差し出そうとするの、女がおかれてる人権状況としてはかなり最悪な状況だと思うんだけど。ン十年前と何も変わってない。ひどすぎて反吐がでるわ。*1

 もっともこの方は、以前からエキセントリックなツイートをなさっていたツイッター内有名人とでもいった人物であり、プロの学者や作家の方ではありません。また、あまりに素っ頓狂な内容に、「根拠はあるのか」といったリプが殺到したのですが、どうもご当人は返答をなさっていないようです。
 が、あくまで想像なのですが、これは以下のつぶやきに対しての反応ではないか……という気が、ぼくにはしました。

自衛隊車輌を見かけた女性(女子高生)は隊員に手を振ってあげてください。
そりゃもう、元気の源になるし、作業時間外の話の種になりますんでwww
(`・ω・´)*2

 このツイートは上のものに先行してつぶやかれ、いわゆる「炎上」をしたのです*3。
 どこに問題があるのかさっぱりわかりませんが、これが「女性差別」であるとしたい人たちもいらっしゃるようです。発言したのが自称元・自衛隊員で保守寄りの人物だったことも災いしたのかも知れません。
 男性フェミニストの勝部元気さんも

「災害版慰安婦」という最低極まりない発想。*4

 とおっしゃっていました。
 なるほど、手を振っただけで慰安婦なら、大戦当時には従軍慰安婦だっていたに違いありません。『朝日新聞』はやっぱり正しかったことになりますな!

*1 https://twitter.com/kuko_stratos/status/721739577052893184
*2 https://twitter.com/TomAcura/status/721329652636123136
*3 「ニコニコニュース 【激怒】熊本地震で大炎上! 元自衛隊員が「自衛隊を見かけた女子高生は手を振って」と発言 → 大炎上「慰安婦か?」「女性軽視だ」(http://news.nicovideo.jp/watch/nw2148566?ver=video_q
*4 https://twitter.com/KTB_genki/status/722290349700288512

→ 次ページを読む

ページ:

1

2 3

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1050

    2014-8-6

    経済社会学のすゝめ

     はじめまして。今回から寄稿させていただくことになりました青木泰樹です。宜しくお願い致します。  …

おすすめ記事

  1. 1902
    ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  2. 1101
     経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  3. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  4. 1719
    ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
  5. 1162
     現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る