『聖魔書』[3-3] 神話録

 そのため、創造と開闢の“神”を原理的に想定することができる。
 ただし、人間はそのような“神”を、原理的に持つことができない。
 しかし、原理的に不可能なことを心的に持つことが人間には可能である。
 それゆえ、そのような“神”は存在しうる。

 しかし、そのような“神”を心的に持つことを拒否しうることも可能である。

 そして、
 恐るべきことに、
 畏れるべきことに、
 そのような態度は、
 ‘“神”’への信仰と呼ばれうるだろう。
 そうして、無限は、無限に繰り返される。

 これは、新しい神話であり、真なる神話である。
 それゆえ、それはまた、偽なる神話でもありうるだろう。
 それゆえ、それはまた、真偽の神話になりうるだろう。

 真実と虚偽。
 これは、真実と虚偽の物語。
 真実と虚偽の間における神話。

 一なる神の神話は、一なる神への信仰を生む。
 そして、一なる神の神話は、やはり一なる神への不信心をも生む。

 一なる神への信仰と不信心は、
 世界における真実と虚偽を巡り、
 我と汝を繋ぐ“愛”と呼ばれる。

 そして、我と世界を繋ぐ‘“愛”’へと導かれる。

→ 次ページ「『聖魔書』[3-3] 神話録の解説」を読む

固定ページ:
1 2

3

4

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2016-3-10

    「マッドマックス」は単純なフェミニズム礼賛映画ではない

    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…

おすすめ記事

  1. 多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  2. はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  3. 「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  4. 第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  5. ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

ページ上部へ戻る