池上彰は財務省を代弁して日本の借金の解説をした

2435

※この記事は「チャンネルAJER」様より記事を提供いただいています。
 他の記事も読むにはコチラ

テレビ朝日が2015年9月19日夕方6時56分から池上彰の「そうだったのか、みんなの知らない日本」という番組を見た。大変偏向した解説で、彼は財務省を代弁しているだけだった。

日本とギリシャの決定的な違いを隠して解説を続けた池上彰氏

最初に日本には1000兆円以上の借金があるという話。このままではギリシャのようになるというのだが、最も重要な点、つまりギリシャのように通貨発行権がない国とは違い、日本には通貨発行権があるから、いつでも通貨を発行して借金を買い取ることができるという決定的な違いを彼は意図的に隠した。

日本の借金の返済方法として3つの方法が提案されているのだそうだ。これは財務省の考え出した「方法」であり、少しでも経済の知識があれば、馬鹿馬鹿しくてこんな見当違いの方法を提案しない。

方法1:対外純資産が367兆円あるのを使う??
    8割が民間の所有だから政府は使えるわけがない。
方法2:政府資産の売却??
    国会議事堂、国道等売却できないし、年金積立金等も返済に使えない。
    デフレ時に、政府資産を売却すれば更にデフレを悪化させる。
方法3:国民の金融財産(1700兆円以上)を没収して返済??
    国の借金が国民の金融財産を超えたら破綻だって??
    単に国債を発行すれば極めて低金利で資金はほぼ無尽蔵に入るのに、こんな馬鹿なことを政府がやる必要は全くない。

池上彰が隠した重要な事実がある。その目的は国民を騙して消費増税を受け入れさせることだろう。

(1)国の借金とは国が国民から借りたもの。ひたすらに借金返済の恐怖を語るのみで、借金は国民に返すのだということにはわざと触れなかった。
(2)日銀がお金を刷って、大量に国債を買い上げていること、つまり借金の返済が急速に進行中であることも隠した。もちろんやろうと思えば、刷ったお金で借金は全部返せる。日銀券発行では返したことにならないという主張なら、政府貨幣発行による返済という手段もあるのだということも述べるべきだが、それも隠した。しかし、滑稽なのは、政府貨幣に関する説明だけは丁寧に行ったのだ。なぜ政府貨幣発行でも借金は返せるのだということを隠すのか。財務省の意向だとしか考えられない。

池上氏は、国の借金の大きさの国際比較はGDP比で考えると説明した。更に借金があること自体は問題にならないが、借金が増える事が問題なのだと説明した。そのくせどうやって借金の対GDP比を減らすことができるのかということに関しては一切説明しなかった。

減らす方法を示しているのは、マクロ計量モデルの乗数だ。内閣府も計算している。結論としてはGDPを増やせばよいだけだ。つまりGDPを増やすには財政を拡大し経済を活性化すればよい。国の借金は増えるが、GDPのほうがもっと増えるから、借金のGDP比は減っていくというのが内閣府の結論だ。二階敏博氏による二階ペーパーにも同様の主旨のことが書かれている。

結論から言うと、池上氏の説明は全く財務省の代弁だし、財務省流では日本経済は衰退を続けるだけだったという過去の事実がある。池上氏に猛省を促したい。

小野盛司

ajer_banner

西部邁

チャンネルAJER

チャンネルAJERAJERcast/channelAJER

投稿者プロフィール

AJERcastは、channelAJERが運営する、政治経済専門Web放送サイト(AJERcast)です。
AJERcastでは、政治経済専門の情報番組を放送しています。

■当チャンネルの理念と目的■
◎目的
 デフレからの脱却と更なる日本経済の発展を目指す。
 東日本大震災からの復興財源確保の道筋を示し、
 国の政策に反映させるべく務める。

◎理念
 日本経済の成長発展を願い、国に対しマクロ経済学の視点から、
 財政金融政策への提言を積極的に行う。
 ①日本の国体を守るとの視点で提言を行う。
 ②公の機関や企業組織に対し、独立不羈の立場で提言する。
 ③日本の発展を毀損すると思われる発言に対し、
   積極的に議論を挑み、我々の旗幟を鮮明に示す。
 ④『日本のもの造り』を支援し、雇用の拡大と安定に努める。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • あわしまどん
    • 2016年 10月 02日

    一般の人は、知識が無い為、賢い人(と思える人)の話を鵜呑みにするしかありません。
    なので、池上彰さんがこのようなプロパガンダをするとこが国家にどのような悪影響を与えるか。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1560

    2015-3-2

    メディアとわれわれの主体性

    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…

おすすめ記事

  1. 3096
     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
  2. 3087
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  3. 1902
    ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  4. 01
    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  5. 1162
     現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る