基礎的財政収支に関する質問主意書とその答弁書

2028

※この記事は「チャンネルAJER」様より記事を提供いただいています。
 他の記事も読むにはコチラ

福田昭夫衆議院議員にお願いしておいた質問主意書に対する安倍総理から答弁書が返ってきたので、それを紹介する。詳しくは次のサイトを見て頂きたい。
基礎的財政収支に関する質問主意書とその答弁書

増税でなく減税。歳出抑制でなく拡大が、デフレ脱却に必要な政策

【質問】
日本経済はデフレから脱却したのか。
【回答】
デフレ脱却までに至っていない。

【質問】
基礎的財政収支は、景気がよくなれば改善し、景気が悪くなれば悪化すると考えるが、同意するか。
【回答】
一般論としては、持続的な経済成長は、税収の増加を通じて財政健全化に資することとなる。

【コメント】
まず、デフレ脱却ができたのかという質問から始めた。それに対してはデフレ脱却までに至っていないとの回答。次の質問は、基礎的財政収支は「景気がよくなれば改善し、景気が悪くなれば悪化する」ということに同意するかと聞いた。一般論として同意するとの回答。そうであれば、景気対策を行って景気をよくすることによって基礎的財政収支を改善するのが王道である。

【質問】
2006年に出された骨太方針2006は2011年度に基礎的財政収支を黒字化するという目標だったが失敗に終わった。今再び骨太方針で2020年度に基礎的財政収支の黒字化を目標としようとしている。骨太方針2006の失敗を繰り返そうとしているだけではないか。
【回答】
お答えすることは困難である。

【コメント】
反論が苦しすぎて答えられないようである。我々は、今年政府が発表しようとしている骨太方針が如何に軽率なものかを詳しく指摘した。骨太方針2006の失敗の原因を調べ、総括しなければ失敗を繰り返すだけだ。骨太方針2006がなぜ失敗に終わった原因を列挙する。

(1)政府の成長率の見通しが甘すぎた。
(2)政府の成長率の目標を達成するために、どの程度の景気対策(真水)が必要かを誰も政府に教えようとしなかった。
(3)歳出を削減しさえすれば、国の借金は返せるという素人判断が失敗を生んだ。
歳出を削減すれば経済は縮小し、税収も減り、財政は健全化しないことはマクロ計量モデルから明らかだった。

政府は基礎的財政収支が改善できれば、世の中バラ色になるがごとく目標を立てる。実際は基礎的財政収支を黒字化したギリシャは地獄の苦しみを味わっている。失業者は26%にも達し、デフォルト間近で経済は大混乱の気配だ。

日本経済をギリシャのようにしたくなければ、基礎的財政収支の黒字化ではなく、財政拡大により成長率を高める政策に切り替えるべきだ。増税でなく、減税、歳出抑制でなく拡大が、デフレ脱却に必要な政策だ。

小野盛司

ajer_banner

西部邁

チャンネルAJER

チャンネルAJERAJERcast/channelAJER

投稿者プロフィール

AJERcastは、channelAJERが運営する、政治経済専門Web放送サイト(AJERcast)です。
AJERcastでは、政治経済専門の情報番組を放送しています。

■当チャンネルの理念と目的■
◎目的
 デフレからの脱却と更なる日本経済の発展を目指す。
 東日本大震災からの復興財源確保の道筋を示し、
 国の政策に反映させるべく務める。

◎理念
 日本経済の成長発展を願い、国に対しマクロ経済学の視点から、
 財政金融政策への提言を積極的に行う。
 ①日本の国体を守るとの視点で提言を行う。
 ②公の機関や企業組織に対し、独立不羈の立場で提言する。
 ③日本の発展を毀損すると思われる発言に対し、
   積極的に議論を挑み、我々の旗幟を鮮明に示す。
 ④『日本のもの造り』を支援し、雇用の拡大と安定に努める。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1344

    2014-12-24

    『永遠のゼロ』を私はこう見る

     当サイトに、藤井聡氏のエッセイ「永遠にゼロ?」(2014年9月9日 三橋経済新聞掲載)に対する木下…

おすすめ記事

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 1162
     現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  3. 3087
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  4. 1902
    ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  5. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る