日本の財政が先進国で最悪なら、なぜ日本円が安全資産と言えるのか

3074

※この記事は「チャンネルAJER」様より記事を提供いただいています。
 他の記事も読むにはコチラ

デフレ脱却は、財政を拡大すれば1年以内に脱却できる。昭和恐慌の際は年率10%を超える物価の下落を高橋大蔵大臣は財政拡大により1年でデフレの完全な脱却に成功している。デフレは税収を減らし財政を悪化させる。日本はこのデフレが約20年も続いており、この間だけで国の借金は約700兆円も増えてしまった。もし、財政を適切に拡大していたら、デフレは1年で脱却できたし、デフレ脱却後はGDP拡大のため国の債務のGDP比は、現在のようなレベルに増加することはなかった。もちろん、景気刺激のための財政拡大と言っても700兆円もの規模は必要でなく、年間10~50兆円レベルで十分で,名目GDPも増加していくので、債務のGDPは増えないし、景気がよくなれば財政は健全化していったはずだった。

残念ながら経済を理解しない「識者」達が、財政拡大を止めた。財政を拡大すれば、円も国債も暴落するという説を唱え続けてきた。それらはいずれも間違いであったことは証明されつつある。この20年間、国債は暴落どころか、一貫して値上がり(つまり金利低下)続けてきた。10年物の国債ですら金利がマイナスになるほど、国債価格は上がってしまった。日銀が国債を買えば、国債価格はいくらでも高くなるし、国債の暴落はあり得ないことの証明だ。円の暴落を我々は警戒しなければならないのだろうか。むしろ逆だろう。アベノミクスは円安・株高を誘導する政策で、それが唯一の売りだったろう。円安とは円の信認=日本政府への信認を失うことであり、それをアベノミクスの売りにするのは奇妙なことだ。

一方で、中国経済の減速など、何か世界経済の危機と言われるような大事件が起きるとマネーは安全資産と見なされている日本円へと流れ、円高に向かう。日本は対外純資産において世界一だし、政府は緊縮財政を20年間も続けているし、その意味で日本円は世界一「安全な資産」である。日本円に対する信頼が大きければ大きいほど、保有し続ける価値が増す。つまり、使わなくても保有しているだけで、価値を失わないから、流通速度が遅くなり、通貨としての機能が失われ、経済は停滞する。逆説的な表現だが、通貨への信認が大きすぎると、経済は停滞する。逆に通貨への信認が適度に失われ2~3%程度のインフレになると、保有するだけでは、確実に価値が失われるので、人々はそれを使おうとし、マネーが流れ始め、経済が活性化する。

国の借金が1000兆円を越して以来、財政を伴う景気対策は影を潜め、ひたすら消費増税へと向かってきた。デフレ脱却をしない時の、このような増税は、まるで集団自殺のようだ。しかし、やっと来年の消費増税を延期せよという声も出始めた。また政府も2016年度予算が成立した後に、財政出動で景気対策を行う議論を始めるという。このタイミングでOECDも日本は緊縮財政を続けているから成長しないと言い始めた。政府は、日本経済は拡大していると言うが、1997年には525兆円だった名目GDPは、まだ499兆円だ。拡大どころか縮小した。499兆円という数字も消費増税でゲタをはいた数字だし、それを外せば更に小さくなる。消費税のゲタは、経済拡大とは無関係だから、それを除けば、安倍内閣が始まって以来の名目成長率は年率1%程度で、先進国の中では際だって少ない。政府はOECDの見解に従って財政出動を真剣に考えるべきだ。

小野盛司

ajer_banner

西部邁

チャンネルAJER

チャンネルAJERAJERcast/channelAJER

投稿者プロフィール

AJERcastは、channelAJERが運営する、政治経済専門Web放送サイト(AJERcast)です。
AJERcastでは、政治経済専門の情報番組を放送しています。

■当チャンネルの理念と目的■
◎目的
 デフレからの脱却と更なる日本経済の発展を目指す。
 東日本大震災からの復興財源確保の道筋を示し、
 国の政策に反映させるべく務める。

◎理念
 日本経済の成長発展を願い、国に対しマクロ経済学の視点から、
 財政金融政策への提言を積極的に行う。
 ①日本の国体を守るとの視点で提言を行う。
 ②公の機関や企業組織に対し、独立不羈の立場で提言する。
 ③日本の発展を毀損すると思われる発言に対し、
   積極的に議論を挑み、我々の旗幟を鮮明に示す。
 ④『日本のもの造り』を支援し、雇用の拡大と安定に努める。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1050

    2014-8-6

    経済社会学のすゝめ

     はじめまして。今回から寄稿させていただくことになりました青木泰樹です。宜しくお願い致します。  …

おすすめ記事

  1. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  2. 1559
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  3. 1162
     現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…
  4. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  5. 3096
     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る