思想遊戯(2)- 桜の章(Ⅱ) 日本神話

一葉「日本神話としては、『古事記』と『日本書紀』が有名ですね。サクヤ姫とイワナガ姫の物語も、この二つの歴史書に記載されています。『古事記』と『日本書紀』には、同じ物語が、異なった内容で記述されている場合があります。」
 僕はうなずいて、続きを促した。
一葉「『古事記』では、ニニギはイワナガ姫を見て恐れをなして、親のもとへ送り返します。イワナガ姫は、その後出てきませんし、永遠の命を手放す理由も、イワナガ姫と結婚しなかったからだと語られています。」
 僕は、先の展開を想像した。
智樹「では、『日本書紀』の方は・・・。」
一葉「『日本書紀』には、イワナガ姫が呪いをかけた話が記載されています。」
智樹「呪い・・・。」
 僕は、思わず彼女を見つめた。彼女は、僕を見つめ返して、言葉を続けた。
一葉「ニニギに追い返された後、イワナガ姫は恥ずかしさを感じ、呪いをかけました。私と結婚していたら、生まれる子供は永遠の命を得たでしょう。ですが、妹一人と結婚したため、生まれる子供の命は、花のごとく散ってしまうでしょう、と。」
 僕は、イワナガ姫を想った。せつないような、痛さを伴う気持ちが胸の中に生まれた。
智樹「二つの神話では、理由が異なるということですか? 結婚しなかったためと、呪いをかけられたためと。」
一葉「どうでしょうか・・・。ただ、一説では、イワナガ姫はさらなる呪いの言葉を吐いています。この世に生きている人々は、花のごとくに移ろって、衰えてしまうと。これが、世の人の命がもろいことの原因として語られているのです。」
 僕は、呪いの言葉を吐くということに、胸が締め付けられた。不思議だ。僕は、神話の話に、こんなにも心を動揺させるような人間だったのだろうか? もっと、冷めた見方をする人間だったじゃないか。
 もしかしたら、いいや、もしかしなくても、彼女の言葉だからこそ、僕は動揺しているんだ。ただの話ではなく、彼女の話だからこそ、僕は動揺しているんだ。
 僕は、彼女の話してくれた内容で、気になった点をたずねてみることにした。
智樹「『日本書紀』の側にだけ、天皇の命が短い理由だけではなく、世の人の命が短い理由が、イワナガ姫の呪いによって説明されているのですか?」
一葉「はい。そうです。イワナガ姫の呪いによって、世の人の寿命は短いのです。」
 彼女は憂いを帯びた表情を見せる。僕は、彼女の美しい容姿を想う。客観的にも主観的にも美しい女性が、醜いために結婚できずに呪いの言葉を吐く女性の物語を物語る。これは、なんという出来事なのだろう。世の中に、残酷さというものが、有り有りと在るのだということが分かる。僕は、的確な表現が思い浮かべることができなかったけれど、これがとても貴重で贅沢な体験であることは分かった。
智樹「イワナガ姫は、それからどうしたのですか?」
一葉「『日本書紀』の記述においても、イワナガ姫は呪いの言葉を発した後、出番はなくなります。イワナガ姫は、呪いを発した後、それからどのような人生を過ごしたのでしょうか・・・?」
 彼女は、無表情で語る。その無表情という表情の裏で、どのような感情が彼女の心の中に生まれているのだろうか。僕は、彼女がとても頭が良いということは分かっているけれど、彼女が何を考え、何に心を動かされるのか、そのことをほとんど知らない。いや、ほとんど分からないと言った方が正確だろう。彼女は、神秘的で、魅惑的で、不思議な存在なんだ。僕は、彼女のことをはかりかねている。
智樹「では、サクヤ姫の方は?」
一葉「サクヤ姫は、身ごもって子供を産みます。ただし、ニニギは、一夜の交わりで妊娠したサクヤ姫に疑惑を投げかけます。別の男の子供ではないかというのですね。サクヤ姫は、自身の潔白を証明するために、誓約(うけひ)をします。」
智樹「ウケイって何ですか?」
一葉「誓約(うけひ)とは、古代日本の占いのことです。」
智樹「なぜ占いをするのですか?」
一葉「誓約(うけひ)では、ある事柄について、そうならばこうなる、そうでないならば、こうなるという宣言を行います。そのどちらが起こるかによって、吉凶を判断するのです。サクヤ姫は、子供を産むときに産屋へ火を放ち、ニニギの子でなければ無事に産まれない。ニニギの子ならば無事に産まれると宣言して、無事に子供を産んで自身の潔白を証明したのです。」
 僕は、微妙な気持ちになった。男のあわれな側面というか、男の嫉妬の醜さを、綺麗な女性に赤裸々に語られるというのは、すごく、気まずい。
智樹「・・・すごい話ですね。」
一葉「サクヤ姫は、三柱の子を産みました。火が盛んに燃えている時に生んだ子、火が弱くなった時に産んだ子、火が消えた時に産んだ子の三柱です。」
智樹「何か、不思議な話ですね。僕は、サクヤ姫とイワナガ姫の話を聞いていて、イザナミのことを思い出しました。イワナガ姫は人の寿命を制限しましたが、イザナミは人の死を約束していましたよね?」
 彼女は、僕の言葉を聞き、一瞬キョトンとした表情になった。それから、嬉しそうに笑った。
一葉「よくご存じで。」
 僕は、照れくさくなった。
智樹「いや~、たまたまですよ。」
 その話については、中学生のとき何かの授業で教師が話していたのを、たまたま覚えていただけだ。イザナギとイザナミは、日本神話で国産み・神産みを行う非常に重要な神だ。日本の国土を形づくり、森羅万象の神々を産み出した。
 しかし、イザナミは火の神の子供を産み、そのときの火傷がもとで亡くなってしまう。夫であるイザナギは、死んでしまった妻のイザナミに逢いたいため、黄泉の国へおもむく。黄泉の国は、死者がおもむく場所だ。そこでイザナギは、決して除いてはならないという約束を破って、腐敗したイザナミの姿を見てしまう。イザナギは逃げだし、イザナミは追いかける。イザナギは、黄泉の国と地上との境にある黄泉比良坂(よもつひらさか)の出口を大岩で塞ぎ、イザナミと離縁した。そのとき、岩を挟んで二人は会話を行う。その会話の内容について、彼女は語り出した。
一葉「イザナミは、一日千人の命を奪うことを約束し、イザナギは一日千五百人の新たな命を約束するのでしたね。」
 僕はうなずく。
智樹「そうですね。それをそのまま受け取れば、日本では一日に五百人ずつ人口が増えていく計算になりますね。今は少子高齢化ですから、この神話の約束も効力を失ったのかもしれません。」
 ちなみに、イザナギが黄泉の国の穢れを落とすために禊(みそぎ)を行うと、天照大神を含む、日本神話でも重要な神々が誕生するのは有名な話だ。
 僕は、とても不思議な気がした。日本神話は、単なる神話だ。どこかの誰かが、勝手に作った物語だ。その物語を目の前にいる女性と話し、その物語の続きとして、その物語の続きに、すなわち日本の歴史の一部に、僕と彼女が居るのだ。
一葉「佳山くんは、神話を信じていますか?」
 唐突に、彼女は僕にたずねた。僕は、単純に驚いた。彼女は、何を意図しているのだろう?
智樹「信じているかって、どういうことですか? 信じているわけ、ないじゃないですか・・・。」
 僕は、言った。声が、わずかにかすれていたと思う。
一葉「私は信じています。」
 そう、彼女は言った。彼女は、何を言っているのだろう?
智樹「信じている・・・って・・・・・・。」
一葉「“信じる”という言葉は、何を意味しているのでしょうね?」
 彼女は、僕にささやく。これは、悪魔の言葉かもしれない、と、僕は思った。
智樹「何を・・・言っているんですか?」
一葉「“信じる”という言葉の意味は、多義的です。おそらく私の言う“信じる”と、佳山さんの言う“信じる”は、異なる意味を持つのでしょう。その違いがどうであれ、私は日本の神話を信じているのです。」
 そう言って、彼女は僕の眼を見つめた。僕はいつのまにか拳を握りしめていたことに気づいた。拳を緩めると、手が汗ばんでいることに気がついた。

→ 次ページを読む

ページ:
1

2

3 4 5 6

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-9-7

    フラッシュバック 90s【Report.1】どうして、今、90年代か?

    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…

おすすめ記事

  1. ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
  2. 「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  3. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  4. ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  5. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る