例の件で、勝手にダメージ受けてるヤツがいます

もう時代が違うらしい

実は、こういった超巨大国家イベントが「開かれたもの」であるべきとはまったく思ってない。特権階級の貴族みたいな人たちや、それぞれの分野の雲の上の人たちが責任を持って決めたことを「ハハーッ」と押し頂くでいい、と考えてた。今は「外野の声」にマスコミも乗っかって騒ぎすぎ、不健全になっちゃったなあと。

けど、ネットで「双方向」になったことで、もうそういう考えは通用しなくなってきてるのかもしれない。「エンブレムを人気投票で」とか聞くと、人気投票だけはヤメロ! 責任逃れだ! とか思ってたけど、否応なくそういう流れになっていくんだろうな。

スルー力を鍛えようw

Yahoo!のニュースを見るだけでも、集められた多くのトピックが「炎上」を狙って書かれてることがわかる。妙に一方的だったり感情に訴えたり。読んだ瞬間に脊髄反射でSNSに書き込みしたくなる衝動が仕込まれてる。そう思わせるように刺激的で面白く書かれてるんだし。

SNSにシェアしたりコメントの応酬にのめり込むのは、「自分にほとんど関係ない事柄に奪われてる時間」。

衝動に負けない相当強い精神力が必要だなあ。書きたくなったら、「あ、これは釣られてるんだ!」っていちいち思うようにしよう。しばらく「スルー力強化週間」ってことで。

ところで、僕はグラフィックデザインは多少知ってるから、専門家ではない文化人や芸能人など著名人たちのあまりにも的外れなコメントにあきれた。ってことは、誰もが専門外のことについてはデタラメを言ってる可能性がある。「わかんないのなら首をつっこむな」だ。そのへん肝に銘じたい。

(とはいえ、些細な発言をメディアが「こんなこと言ってるぞ!」って広めるから耳に入っちゃうだけなんだけどね。あと、自分にどんな発言を求められているかわかるからこそ、人気者なんだなあ、など)

他にも「勝手エンブレム」の件など、書きたいことは山ほどあるんだけど、わかってる人はちゃんとわかってるから、僕が青筋立てて書く必要はない。それがスルー力。いくら力説したって叩いてる人たちは意見を変えない。オモチャを奪われることになるんだから。

……グギギギ。そのうち慣れるだろうw

→ 次ページ「紙のスケッチなんて、ほとんど捨てちゃってるよ!」を読む

ページ:
1 2

3

4

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2016-3-10

    「マッドマックス」は単純なフェミニズム礼賛映画ではない

    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…

おすすめ記事

  1. ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  2.  アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
  3. 「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  4. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  5. ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

ページ上部へ戻る