ニューヨークの日常は東京の非日常。日本人が食いつく日米ギャップ

2213

※この記事は「まぐまぐニュース!」様より記事を提供いただいています。
 記事原文はコチラ / 他の記事も読むにはコチラ

マンハッタン生活が長い米国邦字新聞「WEEKLY Biz」の発行人・高橋克明さん。すっかりニューヨークに慣れてしまったため、現地に日本人を迎えるたびに彼らが驚く「日米のギャップ」に対して「そこに食いつくんだ!」という新しい発見があると言います。『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』に書かれている高橋さんにとっての日常、たしかに日本人にとっては非日常です。

ザッツ! ニューヨーク

昨夜、日本から来たお客さんと初めて行く中華料理屋さんで食事をしていたら、ウエイターがテーブルの上に置いていた僕のタバコを指さして「1本くれ!」といきなり。数分後に、外で吸ってきたのか「あんまり美味しくねえなぁ」とわざわざ報告に。その一部始終を見ていた前述の日本からの客人は空いた口が塞がらないようでした。

この街の滞在期間が長ければ長いほど、日常が当たり前になりすぎて、日本の常識とのギャップに気がつかなくなります。今回の一連の流れも、客人が驚いたことに言及しなければ、わざわざここに書くまでもなく、ごく普通の日常の光景として、そのまま流れていく出来事だったはずです。「日本だとありえないっすよ」と言われて、あぁ、そうなのか、そうかもな、そうだったな、と気がつきます。

日本から昨日、今日来たインターン君たちも、いちいち街での出来事を嬉しそうにキャッキャッと、オフィスに戻って来ては報告してくれます。それを聞いてる旧メンバーの「それのどこが面白いの?」って顔(笑)。

結局、初めて訪れた感動いっぱい旅行者がいちばんセンシティブにこの街と日本の常識のギャップに気がつくのかもしれません(僕が日本出張行くたび、いちいち驚くように)。

なかには、渡米間もない語学学生君で、白人に差別された経験すらカルチャーギャップ体験してきたよろしく、嬉しそうだったコもいました(アホやがな)。

日本からのお客さんをアテンドするのも大切な仕事のひとつですが、毎週毎週だとメンドクサイって思ってました(笑 いや、正直、言うとw)。

でも、最近は彼らの反応を見て、気づかされることも多く、楽しくなってきました。「あぁー。そうかぁ、ここが珍しいんだ。ここが新鮮なんだ」と。

→ 次ページ「9.11以後増えた日常風景とは?」を読む

ページ:

1

2

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1152

    2014-10-15

    何のための言論か

     言論とは、話したり書いたりして思想や意見を公表して論じることです。公表して論じるというその性質上、…

おすすめ記事

  1. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  2. 1560
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  3. 01
    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  4. 1902
    ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  5. 2325n
    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る