【アドラー心理学】相手のやる気スイッチを簡単に入れる「アイ・メッセージ」会話術

すべての悩みは対人関係。

また「自分は勉強ができない」とか「いい仕事につけない」というのも一緒です。

勉強ができなくて、いい大学に入れない…。
その結果、いい仕事につけない…。

そんなときの悩みとして、

「お金を稼げない」とか「みんなにバカにされる」とかが、根本的な悩みになるはずです。

こちらも同様ですが、

「仕事や学歴はそんなに良くなくても、みんなにモテモテな人生」と
「仕事や学歴は最高でも、誰からもモテない人生」だったら、

やはり前者を選ぶ人が大半ではないでしょうか。

すべて、結局は「対人関係がうまく行かないのでは?」という悩みに帰着するのです。

人はみんな、対等です。

では、対人関係を解決するためには、どうしたらいいのでしょうか。

ここでアドラー先生は、

「すべての人間は対等である」

と言っています。

立場や貧富、また能力の差は、人によってあるかもしれません。

しかしながら、全部の人間は「対等」だと言うのです。

誰かが上、誰かが下…ということはないのです。

たとえばですが、会社の社長が、平社員に言うコトを聞かせられるのも「お金を払っているから」です。
お金を対価として、部下が命令を聞いているだけです。

いえもちろん「私は心底、あの人に惚れている! たとえお金をもらえなくても、あの人の言うことを聞く!」という人もいるでしょう。

しかしそれですら、「対等」だからです。

気持ちとして、その人に惚れている、すなわちその人の言葉に従うことが、本人の意志で「嬉しい」からこそ、従うわけです。

まったくもって、完全な命令や支配下におき、強制的に何かを行わせる…なんてことはほとんどありません。

あるとしたら、それは奴隷や洗脳であって、一般的な社会生活だとは言えません。

上や下はない。

それこそ大企業の社長などは、多くの社員を抱え、色々な指示を与えますが、それはそれだけ多くの人に、「お金」や「仕事の喜び」など、たくさんのものを与えられるからです。

もちろんそれは魅力であり、力です。

ただ前提として、すべての人は対等であり、それだけの魅力や力があるから、多くの人が「従いたい」と思っているだけなのです。

重ねてすべての人間は「対等」なのです。

ここを覚えておいてください。

→ 次ページ「人に注意をするときも。」を読む

固定ページ:
1

2

3 4

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2016-3-10

    「マッドマックス」は単純なフェミニズム礼賛映画ではない

    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…

おすすめ記事

  1. 第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  2. 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
  3. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  4. ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
  5. 多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る