【国際情勢】2015年、岐路に立たされる日本(2)「中国、驚愕の対日戦略とは?」

2487

※この記事は「まぐまぐニュース!」様より記事を提供いただいています。
 記事原文はコチラ / 他の記事も読むにはコチラ

『ロシア政治経済ジャーナル』No.1144(2015.01.09号)より

前号では、1991年から2012年までを振り返りました。

1、1991年末、ソ連崩壊で、「アメリカ一極時代」がはじまる
2、2008年、アメリカ発世界的経済危機で、「アメリカ一極時代」がおわる
3、アメリカの没落を確信した中国が凶暴化する
4、具体的には、資源確保と安全保障上の理由(=第1列島線)から、南シナ海、東シナ海支配に乗り出す
5、2010年、尖閣中国漁船衝突事件後、中国は全世界にむけて「尖閣は中国固有の領土であり、核心的利益である!」と宣言する
6、2012年、日本が尖閣を「国有化」すると、日中関係は戦後最悪になる

こういう流れでした。

中国、【驚愕】の対日戦略とは?

さて、日本の「尖閣国有化」で新たな段階を迎えた日中関係。中国は、(彼らから見ると)生意気な日本をぶちのめすために、驚きの戦略を構築していました。

中国の著名な専門家は、中国と同様、日本と領土問題を抱えるロシアと韓国に対し、反日統一共同戦線を組むことを呼びかけた。
この共同戦線は日本の指導部に対し、第2次世界大戦の結果を認め、近隣諸国への領土要求を退けさせることを目的としている。(The Voice of Russia 2012年11月15日)

つまり、
・中ロ韓は一体化して、日本に「第2次世界大戦の結果を認めるよう」要求しましょう。
・「第2次大戦の結果ってなんだ?」というと、「領土要求を取り下げろ!」と。

日本は北方4島と竹島をあきらめ、尖閣を中国に返せ!と。ここに、大きな「ウソ」があります。

北方領土、竹島問題は、たしかに第2次大戦の「負の遺産」ともいえるものです。しかし、中国が「尖閣」の領有権を主張しはじめたのは1970年代からで、第2次大戦とは全然関係ありません。

14日モスクワで行われた露中韓の三国による国際会議「東アジアにおける安全保障と協力」で演説にたった中国外務省付属国際問題研究所の郭●● (ゴ・シャンガン)副所長は、こうした考えを明らかにした。
郭氏は、日本は近隣諸国との領土問題の先鋭化に意識的に対応し、第2次世界大戦の結果を認めないことを見せ付けたと強調している。
郭氏は対日同盟を組んでいた米国、ソ連、英国、中国が採択した一連の国際的な宣言では、第2次世界大戦後、敗戦国日本の領土は北海道、本州、四国、九州4島に限定されており、こうした理由で日本は南クリル諸島、トクト(竹島)、釣魚諸島(尖閣諸島)のみならず、沖縄をも要求してはならないとの考えを示した。(The Voice of Russia 2012年11月15日)
※●●の部分は、変換できない漢字です。

どうですか、これ。

4島、竹島、尖閣のみならず、【沖縄】も日本の領土であってはならない!と。嗚呼、ここに中国の本音が出てますね。

さらに超衝撃の内容がつづきます。

こう述べる郭氏は、中国、ロシア、韓国による反日統一共同戦線の創設を提案している。
日本に第2次世界大戦の結果を認めさせ、近隣諸国への領土要求を退ける必要性を認識させるために、この戦線には米国も引き入れねばならない。(The Voice of Russia 2012年11月15日)

おわかりでしょうか?

中国は、「尖閣」「沖縄」を奪うために、「【アメリカ】とも手を組もう」と主張しているのです。中国、アメリカ、ロシア、韓国で反日統一戦線をつくろうと。

これが中国の対日本戦略です。

要するに、中国は、アメリカ、ロシア、韓国と組んで、日本を【袋叩き】にしよう!と決意している。日本を、第2次大戦時同様、孤立させ、破滅させようと。当然、少なくとも尖閣、沖縄は中国のものになるでしょう。

私は中国にこういう戦略があることを、RPE2012年11月18日号で取り上げました。つまり、安倍内閣が誕生する直前です。(安倍内閣誕生は2012年12月26日)

では、いったいどうやって「反日統一戦線」を構築するのか? これは簡単です。
・日本は右傾化している
・日本は再び軍国主義化している
・日本は歴史の修正を目指している
と大プロパガンダする。これは、中国・韓国がいつもいっていること。しかし、実をいうとアメリカもロシア(2次大戦時はソ連)も、嫌がることなのです。

では、日本が「軍国主義化」「右傾化」「歴史の見直し」をしている間接証拠になる言動とはなんでしょうか?

・憲法改正(アメリカ製憲法を直すので)
・靖国参拝(中国は、靖国を参拝するのは、軍国主義者だとプロパガンダ)
・東京裁判史観見直し要求(歴史修正主義でアメリカを敵にまわす)

強調しておきますが、私は、
・アメリカ製憲法を神聖視していません
・靖国参拝は、日本人として、当然よいことだと思っています
・東京裁判は、インチキだと思っています

しかし、中国がこういう戦略で攻めてきているときに、まんまと罠にはまれば

1、日米関係が悪化し、日米同盟が弱体化する
2、アメリカとの関係が悪化すれば、欧州やオーストラリアなどとの関係も悪化し、日本は世界的に孤立する
3、尖閣で有事が起こったとき、アメリカが日本を助けない口実を与える
4、日本は一国で中国と戦うことになり、最低でも尖閣、ひょっとすると沖縄までも中国に併合される

こういうことをすべて計算にいれた上で、「安倍新総理は、こういうことをやらないでください。これらをやると【中国の罠】にはまることになります」と、繰り返し繰り返し書いてきました。

で、結局どうなったの?

→ 次ページを読む

ページ:

1

2

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1152

    2014-10-15

    何のための言論か

     言論とは、話したり書いたりして思想や意見を公表して論じることです。公表して論じるというその性質上、…

おすすめ記事

  1. 1101
     経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  2. 1560
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  3. 1388_re
    ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
  4. 3096
     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
  5. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る