日本が取るべきグローバル化はラグビーか剣道か

2427

9月19日(現地時間)、イングランドで開催されているラグビーワールドカップにて、日本代表が世界ランク3位の南アフリカを破るという快挙がありました。

JSPORTのハイライト動画はこちらです。

これまで、ワールドカップで1勝しかしていない、日本代表がワールドカップ2度優勝したことのある、南アフリカを破った時点ですごいことなのですが、ただ、ここから色々と考えるべきことがありそうです。

ラグビー日本代表の特殊事情

参議院議員を務めたこともある田村こうたろう氏はラグビー日本代表の勝利に寄せて、以下のような投稿をfacebook上に上げています。

ラグビーから学べーオールジャパンじゃないから強くなった日本代表
日本が南アを破った。あり得ないくらい凄いことだが、「日本は凄い」メディアの勘違いが怖い。今回勝ったのはチーム編成も戦略もキーポジションも外国製の日本代表なのだ。
(中略)
ラグビーの一番の違いは外国人をナショナルチームに入れやすさ。国籍がなくても外国人を代表チームに入れやすさはほかのスポーツの追随を許さない。
・出生地が日本
・両親、祖父母のうち一人が日本出身
・日本で3年以上、継続して居住している
 このいずれかの条件をクリアしていれば日本代表になれる。
(中略)
今回も日本人のフィットネスや技術では不足するポジションに10名ほど外国籍を持つ選手が代表選手に選出されている。

私たちがイメージする「日本代表」と言えば、日本で青春期を過ごし、生まれも育ちも日本人の中から、選抜されたものでしょう。

しかし、上にURLを貼った動画で一目瞭然ですが、見た目からして外国人といった選手が多く含まれています。

この事実を知ると「日本代表じゃない」という声が上がりそうですが、それは私たちのイメージの中での「日本代表」に適合しないだけであり、ラグビーというスポーツが取り決めたルールの中では「日本代表」なわけであります。

移民受け入れとの根本的な違い

こういうと、近年の労働力不足に対する補填としての、安易な移民政策を賛同する意見とひも付けられそうですが、そこは違います。

数の埋め合わせとしての外国人受け入れではなく、体格や技術的な問題から外国人材を受け入れるわけです。逆に言えば、日本生え抜きでも五郎丸選手よのように十分な人材がいれば、無理に外国人を取り入れる必要もないわけです。

ラグビー代表の考え方はどちらかといえば、明治の初期にクラーク博士やナウマン象の発見で有名なナウマン氏など、高度な知識や技術を持った外国人材の受け入れに近いのです。

そこは根本的に違っていることを認識しておきましょう。

→ 次ページ「自分たちの土俵で戦う方法」を読む

ページ:

1

2

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1162

    2014-10-20

    主流派経済学と「不都合な現実」

     現実にあるものを無いと言ったり、黒を白と言い張る人は世間から疎まれる存在です。しかし、その人に権力…

おすすめ記事

  1. 酒鬼薔薇世代
    過日、浅草浅間神社会議室に於いてASREAD執筆者の30代前半の方を集め、座談会の席を設けました。今…
  2. 2325n
    はじめましての方も多いかもしれません。私、神田錦之介と申します。 このたび、ASREADに…
  3. 01
    第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  4. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  5. 3087
    「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞最多の6部門賞を受賞した。 心から祝福したい。…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る