経済政策、その間違いの歴史~何故、日本と世界は道を誤ったのか?~

マルクスの黙示録は外れた

『資本論』が一八六七年に出版された一〇〇年後に、革命社会主義は、その機が熟したはずの国々で打ち負かされ、そしてマルクスが予期しなかった国々に勝利をもたらしました。一九五〇年代後半に先進国の経済問題を解決したかにみえたのは、社会主義ではなく資本主義でした。しかしそれはマルクスが必死に読み解いて分析した資本主義ではなく、国家管理、社会保障、労働組合などの大幅な修正を加えた、これが同じイデオロギーかと見まごうほどの資本主義、つまり修正資本主義と呼ぶべきものでした。

全てを飲み込み金銭的価値に換算する資本主義という怪物

思えば、資本主義は常に体制であり、様々なカウンターカルチャーによる攻撃を受けながら、それを打ち倒してきました。しかし、それは社会主義国家のように、対立する理念を弾圧し、抑圧するような方法ではなく、むしろ、それを飲み込み、あえて取り込むことで、カウンターとしての存在意義を無化するという方法でした。フリーセックス、反戦平和、ドラッグ、ロックンロール、要はセックスだろうが、ドラッグだろうが、バイオレンスだろうが、資本主義はなんでも飲み込み、包装紙に包み込んで、販売可能な商品に仕立て上げてしまったのです。

このような資本主義のもつ社会改革を抑え込む力を、マルクーゼは「封じ込め」と呼びましたが、また同時に資本主義は多元的共生の要素も兼ね備えています。つまり、自由主義を奉じる民主社会は、利得追求に反対する多くの活動家を保護しますし、国家の防衛力であると同時に暴力装置である軍隊や警察力の存在を前提とする国家は、同時に反戦平和活動家をも保護します。

マルクスの誤算

このような何でも飲み込む力を持った資本主義は、社会主義をも飲み込んだのでしょう、自由と資本主義の守護者を自称する多くの論客が見落としているのはこの点です。つまり、一九三〇年代の大恐慌で明らかな行き詰まりを見せた資本主義が鮮やかな復活を遂げたのも、冷戦の状況下で経済力と豊かさを拡大し、見事に社会主義を打倒してみせたのも、どちらかといえば、資本主義の持つ、資本主義的な力や特性ではなく、むしろ、資本主義の持つ、全く反対の理念と特性を持った社会主義的特徴をも飲み込む資本主義の柔軟性にあった。要は、資本主義が勝利を収めたのは、資本主義の持つ資本主義的特性によってはなく、むしろ逆で、資本主義が内包した社会主義的特性が資本主義に勝利をもたらしたのです。

→ 次ページ「冷戦後、世界は迷走している」を読む

ページ:
1

2

3

西部邁

関連記事

コメント

  1. 高木克俊様

    世情に流布している「マルクス主義」について、マルクス本人が、「これがマルクス主義なら、俺はマルクス主義者ではない」と言ったという話が伝わっています。

    資本主義の否定としての社会主義ではなく、資本主義の完成としての社会主義、がマルクスの考えた社会主義であると私は考えています。

    以下のものがご参考になればと思うのですが。

    8.試行第六八号 1986年2月10日発行 より転載
    http://homepage2.nifty.com/okutamahomeless/jokyo8.htm
    (文中、「主催者」とあるのは、先年亡くなられた吉本隆明氏のことです。)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2918

    2016-1-7

    世界一「同質的」な日本の大学生たち ~なぜ大学から多様性が消えたのか~

    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…

おすすめ記事

  1. 3096
     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
  2. 酒鬼薔薇世代
    過日、浅草浅間神社会議室に於いてASREAD執筆者の30代前半の方を集め、座談会の席を設けました。今…
  3. 1719
    ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
  4. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  5. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る