僕らがろくでなし子に抱く違和感はどこから来るのかーフェミニストが「性表現」で逮捕される時ー

1331

 作家の北原みのりさん、漫画家のろくでなし子さんが12月3日、警視庁保安課に逮捕されました。

 スポニチの記事によりますと、二人の逮捕容疑は、昨年10月~今年7月、北原さんの経営する文京区の店で、ろくでなし子さんが作ったわいせつ物を展示したことにあるようです。ろくでなし子さんは自らの性器を型取りした「デコまん」と称するアートを作成するアーティストであり、(上の記事からは断言できないものの、恐らく)本件もそれがわいせつにあたる、とされたようです。
 実は、ろくでなし子さんは本年7月にも逮捕され、処分保留で釈放されていました。この時は自らの性器の3Dプリンター用のデータを配布したとして逮捕されていたのです。

 3Dプリンターのデータという新たな技術に関わることのため、或いは法的にはグレーゾーンなのかも知れませんが、それにしても本件は「公の場で性器を露出させたので逮捕されました」という、言ってみれば当たり前のことです。お気の毒ですが、「そりゃ捕まるだろう」以上の感想を抱くことはできません(ただし、ぼくは二度目の逮捕の報を聞いて「またかよ、こりないなあ」との印象を持ったのですが、上の記事では警察がメンツで過去のことをほじくり返した……というようにも見えます)。

 さて、そんな彼女らの件について、一部ではケンケンガクガクの議論が巻き起こっています。いえ、一部というか――オタク業界ですが……。
 実はこのお二人、かなり過激なフェミニストなのです。
 
 そもそもろくでなし子さんが「デコまん」を制作している背景には、女性器を指す言葉が伏せ字にされたり、隠されたりするのはおかしい、手や足と同じように私の一部なのだ、といったメッセージがあるのです。

 北原さんの方もものすごく、靖国神社でヌードになっての写真撮影なども行っておりました。
 しかし、それにもかかわらず、北原さんは『AERA』2014年6月30日号*1で、実在の児童に危害を加える児童ポルノと、いわゆるオタク的なイラストの美少女に萌えるアダルト表現とを混同し、否定していたことがあるのです。

(性に関しては寛容でありたいと思うものの)が、それにしても、この国のロリコン市場の広まりや巨大さには、言葉を失う思いだ。

 欧米をはじめとする多くの国では、たとえアニメであっても、また成人女性が児童に「見えるだけ」であっても、児童性愛を許容する表現は児童の人権の観点から許されていない。日本の法律は、ポルノ目的で撮影されている児童を保護するのが眼目である。つまり、「児童性愛」という「ファンタジー」は、市場として受容され、守られ、消費され続けているのだ。

 フェミニストたちが男性の性表現を「性差別」として否定してきたことはみなさんご存じかと思いますが、彼女は漫画やアニメなどの性表現をも否定的に見ているのです。

 が、しかし、それにもかかわらず、一部のフェミニストたちは彼女らのように、過激な性的表現をしたがる傾向にあります。

→ 次ページを読む

ページ:

1

2

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1344

    2014-12-24

    『永遠のゼロ』を私はこう見る

     当サイトに、藤井聡氏のエッセイ「永遠にゼロ?」(2014年9月9日 三橋経済新聞掲載)に対する木下…

おすすめ記事

  1. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  2. 1101
     経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  3. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
  4. 1719
    ※この記事は月刊WiLL 2015年4月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「発信…
  5. 1559
    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
WordPressテーマ「AMORE (tcd028)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る