『地獄に堕ちても』

c0075_800x600

宗教における地獄

 地獄とは、宗教上の世界観において想定されている複数の死後の世界のうちの一つです。罪を犯した者が、罰を受ける(責め苦を受ける)場所だと考えられています。
 仏教の地獄は、六道(天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道)の一つであり、閻魔大王が生前の罪業を裁き、獄卒の鬼が刑罰をあたえると言われていたりします。
 キリスト教の地獄は、神の教えに背いた者が永遠の苦を受ける死後の世界です。天国との対比で考えられています。
 科学的には、死後の世界である地獄の存在は証明されていません。

地獄による布教

 ほとんどの宗教は、布教活動を行います。布教活動には、様々な方法があります。代表的な方法は、その宗教の思想が優れていることを示すことです。その他には、地獄を利用する方法などがあります。
 地獄を利用する方法では、「我々の勧める宗教に入らないと地獄に堕ちるぞ」と言って勧誘するわけです。地獄の悲惨さを強調し、苦しい目にあいたくなければ入れと脅すわけです。

A教徒「A宗教に入らないと、地獄で苦しむことになるぞ。」
B教徒「嘘です。B宗教に入っていただければ、地獄にいかなくてすみます。」
A教徒「だまされるな。A宗教に入らないと火で焼かれることになるぞ。」
B教徒「違います。だまされてはいけません。B宗教に入らないと、火で焼かれたり氷付けにされたりします。単純労働などもあって、バリエーションに富んだ苦しみ方をすることになります。」
A教徒「こっちの地獄の苦しみは何万年も続くんだぞ。」
B教徒「ならばこっちは何億年です。いや、もうずっとです。永遠です。」

 なんてね。

日本の地獄

 日本における地獄の思想は、空海の『三教指帰』や景戒の『日本霊異記』もありますが、源信の『往生要集』の影響が非常に大きいと言えます。『往生要集』では、八大地獄などが詳述され、地獄に堕ちることに対する恐怖心から、浄土信仰の隆盛の大きな要因となりました。
 そして、地獄の思想に対して、それに対抗する思想もまた生まれることになるのです。

親鸞の決意

 鎌倉時代の日本では、新仏教の宗派が興隆しました。
 浄土宗の宗祖である法然は、称名念仏のみで浄土往生ができるという専修念仏の教えを唱えました。浄土真宗の祖である親鸞は、法然の影響を受け、念仏の信心による浄土往生を説きました。
 親鸞の『歎異抄』には、次のように語られている箇所があります。

たとい法然聖人にすかされまいらせて、念仏して地獄に堕ちたりとも、
さらに後悔すべからず候。

 たとえ法然にだまされて地獄に堕ちることになっても、親鸞は何の後悔もしないというのです。この言葉の裏には、華厳宗の明恵が、法然の『選択本願念仏集』を批判するために『摧邪輪』を発表していたという背景があります。
 地獄に堕ちることも厭わない信仰、格好良いですね。

→ 次ページ:「ザビエルらの布教において」を読む

ページ:

1

2

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 1344

    2014-12-24

    『永遠のゼロ』を私はこう見る

     当サイトに、藤井聡氏のエッセイ「永遠にゼロ?」(2014年9月9日 三橋経済新聞掲載)に対する木下…

おすすめ記事

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 1902
    ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
  3. 3096
     アメリカの覇権後退とともに、国際社会はいま多極化し、互いが互いを牽制し、あるいはにらみ合うやくざの…
  4. 1101
     経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  5. 2931
    ※この記事は月刊WiLL 2016年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 「鬼女…
WordPressテーマ「CORE (tcd027)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

ButtonMarche

イケてるシゴト!?

TCDテーマ一覧

話題をチェック!

  1. 3152
    「日本死ね」騒動に対して、言いたいことは色々あるのですが、まぁこれだけは言わなきゃならないだろうとい…
  2. 2918
    多様性(ダイバーシティ)というのが、大学教育を語る上で重要なキーワードになりつつあります。 「…
  3. 2691
     11月13日に起きたパリ同時多発テロに関するマスコミの論調は、どれも痒い所に手が届かない印象があり…

ページ上部へ戻る