女に嫌われたくない女はモテない

※この記事は「まぐまぐニュース!」様より記事を提供いただいています。
 記事原文はコチラ / 他の記事も読むにはコチラ

時にはケンカをしたり、慰め合ったり、色んな感情を共有できる女友達って、ステキですよね。ただその反面、恋愛が絡んでくると、その同性同士のコミュニティが弊害となることもある、と解説するのは『メイド喫茶元オーナーが教えるサブカル恋愛塾』の著者・ヒロNさん。一体どういうことなのでしょうか?

同性同士の問題処理

さて、今回は、「同性同士の問題処理」について、研究してみましょう!実は、あなたの恋愛の障害、女の子同士の付き合い方に問題があるのかもしれません。そのへんを研究してみましょう。

なかよし大好きな女の子

女子の皆さんに、こんなこというのもなんですけど、女子ってつくづく「仲良し大好き!」なんだなあとか思いますね。男子も、仲間、友達とつるむけど、女子ほど、ヒトと「仲良し」であることにはこだわりません。

女子は、ヒトと仲良しでいること、が大好き。

裏を返せば、ヒトに嫌われることが大嫌い。

自分を嫌っているヒトがいる、と思っただけで、もうダメ!っていうヒトも多いですよね。で、それは、むしろ、男子に対して、というより、女子どおしの場合の方が強いようにも思えます。

いや、例えば、ある男子が好きになり、恋愛関係なんかになると、女子どおしの付き合いなんか、ほっぽらかして、恋に走る!という女子も多いものですが、むしろ、そういう女子は減っているように思えますね。ちょっと昔は、そういう女子の方が多数派だったように思うんですが、今はむしろ「男子よりも女子どおしの付き合いの方が大事」という感覚の子の方が多いように思えます。

異質なヒトとは付き合いたくない

「仲間意識」「同類でつるむ」特に日本人って、こういう感覚が強い。だから、帰国子女をいじめちゃったりする。皆同じ、皆109、皆ガーリーとかね。

という風潮が強くなると、女子にとって、最も異質な存在ってのは、男子ってことになる。つまり、同質の女の子が集まって、固まって、異質の男子は排除。という傾向。

だから、男子の方も、排除されないように、「女子化」傾向が出てくる。オカマとまでは行かなくても、「草食男子」化。女の子っぽくなって、女の子の群れの中に入っても、排除されないようにしようと、振舞い始めるんだな。

→ 次ページ「同類に囲まれていると、後々弊害も…!?」を読む

固定ページ:

1

2

西部邁

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2015-3-2

    メディアとわれわれの主体性

    SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…

おすすめ記事

  1.  経済政策を理解するためには、その土台である経済理論を知る必要があります。需要重視の経済学であるケイ…
  2. 第一章 桜の章  桜の花びらが、静かに舞っている。  桜の美しさは、彼女に、とて…
  3. ※この記事は月刊WiLL 2015年1月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 新しい「ネ…
  4. SPECIAL TRAILERS 佐藤健志氏の新刊『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は…
  5. ※この記事は月刊WiLL 2015年6月号に掲載されています。他の記事も読むにはコチラ 女性が…
WordPressテーマ「SWEETY (tcd029)」

WordPressテーマ「INNOVATE HACK (tcd025)」

LogoMarche

TCDテーマ一覧

イケてるシゴト!?

ページ上部へ戻る